Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

軽めのアクシオン


ようやく涼しくなってきたアクシオン。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は軽めにながし終了。
いよいよ国体だ。

指を故障し半年、
このイベントを目標に調整してきた。

その割りにあまりプレッシャーはない。

故障時に行った目標設定は、あくまで挑むclimbingにより早く復活できるようにSETしたものだということを自分自身きっちりと把握できているようだ。

気負いがない分やれる気がする。

今期のよい登りのためにもがんばってこよう。

クリックすると元のサイズで表示します

指が完全に動くことが、
今の最大のMotivetionだ。

では、
いってきます!


(・・・明日だけど)
0
投稿者:tajippei

UNITY / ラリーグラス


9月28日(月)、山口のジムUNITYへ。

クリックすると元のサイズで表示します

最近できたらしい。
Climberの寄り付く場所ではないかのような奇麗な場所、
ジムという言葉を宛てるには相応しくないかもしれない。

茂垣さんの課題であろうか、
高グレード課題もいくつかあり、
それらで楽しむことができた。

スタッフの方が、
かなり気をつかってくれ何か申し訳ない気持ちになった。


15時撤収。


夜、ラリーグラスへ。

学生時代お世話になった兄貴分I-daさんがいた。
最近ちゃんと通いつめている模様。
はじめたりやめたり、忙しいひとだ。

課題をつくれと言われたのできっちり従い、
V3〜V6まで7本設定。

閉店までのんびり登った。

久々に他所でセッションした気がする。
たまにはいいな。

『ありがとうございました。』

写真は撮り忘れ。















0
投稿者:tajippei

ルカ・ラ・ガーム / CRUX大阪

9月23日(木)夜、高速バス乗り場へ。
目指すは関西。

クリックすると元のサイズで表示します

そこからはただ只管、
微かに揺れる車中で朝を待つ。

24日(金)朝、大阪駅に到着。
ほとんど寝れなかった。

銭湯などで適当に時間を潰し、
昼過ぎに京都ルカ・ラ・ガームへ。

クリックすると元のサイズで表示します

受付を済ませ、
ストレッチをしているとオーナー黒住さんが話しかけてくれた。
オーナーからは話の隅々でClimberの芯の部分が感じ取れ、なぜか安心した。

国体前なので、
難しめの課題をアテンプト意識しTry。

比較的満足のいくClimbingができた。

クリックすると元のサイズで表示します

ジムはとてもシンプルなつくりで素晴らしかった。
2箇所分断型のゾーニングで人の多い時間帯はスタッフ2人まわしかな。

課題はどれもかなり面白かった。
総合力の必要な課題、もしくはコンセプトが明確な課題を楽しめる。
最後に登ったピンクは読みやすくシンプルで悪い・・・
タイプが違うなと思っていたら、
滋賀の村岡さんの課題だった。

この手の課題も好きだ。



夕方は、
大阪CRUX。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはリード。
40分で8便のOnsight Try。

最後は5.12aですら落ちる。
よく登った。

課題の質はスタンダード系が多く保険も掛かっており丁度よかった。

クリックすると元のサイズで表示します

〆に1時間のボルダー。
課題の質はパワフル系・ダイナミック系・もしくはフィンガリー系が多い。
V7までは幸先よく1撃できたが、
次のV8で捕まる。20分近く打ち込んだが厳しい。
そして、教えられる。

『HOLD、右にもありますよ』と。

・・・MOVEはすぐにできた。
が、ときすでに遅し。

パンプしてつなげられない。

敗退、
その後易しい課題に取り付くも終了点の超ガバを片手で持った後、
添えられずに落ちたりと・・・

パンプが回復することはなかった。

本当によく登り終了。


国体調整というより、
登り倒した感じだ。

国体まで残り1週間ちょっと。












0
投稿者:tajippei

最初のハング側面 解決


この林の中で、一番最初に出会った岩がこいつであった。

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗なハングを持ったboluder。
一見して高難度を引けるのがわかった。
しかし、当時こいつに取り付くことは無かった。

なぜだろう。
Heavenly Daysに取り組んでいたからか。それとも、あまりに悪そうなHoldから敬遠してしまったのか。

この岩の下にマットを敷いたのは今年の夏前が初めて。
発見からすでに4年以上経っている。

まずは側面からはじめ、蔵馬V1など数本の課題を完成させる。
そして1本のProject〔最初のハング〕が残った。

当時予定していたより難度はないが、
厳しいことには変わりない。

9月21日夕方、2日目のTry。

2手目のガストンから遠い一手を何とか解決。

クリックすると元のサイズで表示します

完登に大きく近づいたと思っていたが、
初手も充分悪く苦しんだ。

というよりはまった。
捕らえられない。
15回に1回程度の確立で、
捕らえたとしても、Holdingがうまくいかず2手目ができない。


針葉林に隠されて存在するこの岩は、
暗くなるのも早い。

焦ってきた。

17時30分あたり、初手の先のポケットに指が奥まで刺さる。
好機だと感じた。

2手目、かなり慎重に。

クリックすると元のサイズで表示します

捕らえた。
あとは左手をUNDERに返し、ただリップに思い切り跳ぶだけだ。

クリックすると元のサイズで表示します

完登、そしてProject〔最初のハング〕解決。

『 はつ恋 V9(二段N) 』とする。

かなり際どかった。
次はいよいよ正面か・・・。

まだいいな・・・。







1
投稿者:tajippei

projectはprojectのまま


国体調整も終盤。
この日は気分転換に岩へ。
狙うは春先にやっていたProjectのルーフ。

右足試行錯誤・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

その末、敗退。


指は全快、持久は万全。
勝負できるかと思ったが甘かった。

手数の多い割りにMOVE単体が限界値に近い。
その上気温が30度を超えると、
5手目辺りからMOVEを起す以前に指先に力を込めれない。

国体明けに期待を。
1
投稿者:tajippei
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ