Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

みんなで大津


11月27日(土)夜、
まいまい作成の呪われたテルテル坊主がJOYに到着した。

クリックすると元のサイズで表示します

その直後から福岡全域に雨が・・・。
翌日の岩行きが心配になる。
何人からか中止ですよねと確認のメールが。
朝判断すると返信し、テルテル坊主を終う。

その後、帰るmotivetionを失った今ぬと二人静かに呑む。

クリックすると元のサイズで表示します

朝、外に出ると晴れていた。
ちょっと安心、現地へ向かう。

エリア駐車場にある石碑に15人全員集まったことを確認する前に岩へ移動。

クリックすると元のサイズで表示します

岩は多少濡れていたか登れないほどではなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ジェネラル4級(V2)

出だしはよかったが上が・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
呪いによりリップは水溜りに。
それでも登る人。
クリックすると元のサイズで表示します

私は今日は完全なるまったりモード。

クリックすると元のサイズで表示します
ぽっぽやのロースタートを少しやったが、無理。
でも何とかすれば何とかなるだろう。

アンダーブレイクのトンネルは
かなりの人で定員オーバー。

クリックすると元のサイズで表示します

でも無理やり加わる。
やっぱり異常に易しい・・・。
この日何人か登った模様。

その後よしとマでノーハンドセッション。
楽しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

あとは見学。
みんな日暮れまで登っていた。

一日お疲れ様でした。

帰りは各車ごとの行動。
今ぬ号は日田で飯。
園万軒で焼きそば。

クリックすると元のサイズで表示します

運転さんきゅ。
0
投稿者:tajippei

Tak シェイクの挑戦。

11月18日(木)
タイトル通り、TAKのビレイをするために早朝から八面中部へ。

流石にこの季節ともなると山の中は肌寒いものだ。
1年ぶりのこのエリア、
久々に来ると20分のアプローチが堪えた。

クリックすると元のサイズで表示します

時間がないため早々に目的のlineに取り付く。

シェイク5.12a のTAK
クリックすると元のサイズで表示します

私はとりあえずHold欠損後登っていないキャラバン5.12b/cを。
ウォーミング後の1便目、15m付近の核心手前でMOVEを探るつもりでテンションを入れる。
少し休んで核心突入、
…が、すぐにテンション。
Holdが保持できない。
何度もやったが、MOVEが起せない。

5.12b/cだと思って容易に取り付いたのが間違えだった。

一旦降りる。


クリックすると元のサイズで表示します

休息後、2便目。
一応Red Pointを狙って上がるがやはりMOVEを起せずテンション。
『 駄目だ。 』
とはいえ、MOVEをばらせねば話にならないので左手極カチを思い切り握りこみMOVEを起す。すると辛うじてこなせた。残りのパートは5.11+程度。
終了点まで抜け降りる。

登れる気がしない。

3便目、とりあえず挑戦。
核心前で思い切り休み、突っ込む。

指皮が抉れる覚悟を持って挑まないとMOVEを起せない。
気合を入れておもいきり握りこむ。
痛みに耐え辛うじて足が上がったが、
指皮が徐々に抉れて滑っている感覚が…。

ロックできなかったので、もう捨て身でデッド。

ラッキーデットだった。

たまたま次のカチを捕らえることに成功。
指を見ると案の定皮がはげていた。

降りたくなったがラッキーが勿体無いのでそのまま登った。

クリックすると元のサイズで表示します

キャラバン 5.12b/c Red Point
…グレード以上のものがある。

TAKもようやくRed Point体制に入り上々。
私も思いのほか良いClimbingができて満足。

強行スケジュールであったが着て良かった。
まだまだやり残したlineがある。
また来よう。

八面、やっぱり好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、何人いるでしょう。
0
投稿者:tajippei

オロナミン V10

11月15日(月)

節々に微妙な痛みを感じながら鹿児島藺牟田へ。
狙うはオロナミン。

クリックすると元のサイズで表示します

前回MOVEをばらしていたのであとは繋げるのみ。
とはいえそれぞれのMOVE強度が高く登れる気はしない。

12時取り付き。
ウォームでMOVEの確認。
修正はなし。

つなげに入る。
クリックすると元のサイズで表示します
前回ルーフ抜けのリップとりで苦戦したが、
今回は確実に捉えれる。
しかし、その後の足送りで左手カチが開いてしまいすっぽ抜け落ちをする。

そこで手前のリップ取りのMOVEの練習を繰り返す。
クリックすると元のサイズで表示します
すると、多少左手のダメージを抑えれるようになった気がした。

再びつなげに。
リップを綺麗に捉えることができた。
左手のダメージはあまりない。
足送りも成功。

細かく手を進め、
詰めのトゥを決める。

あまりしっくりきていなかったが、決めなおす余裕が無かったため突っ込む。

クリックすると元のサイズで表示します

右手、かろうじてとまったが思い切り振られた。
際どいところであったが
半利きのトゥは擦れ擦れで残った。

耐えれたことに驚きながら
チャンスをものにするため、
そのまま動き続け、マントルを返す。


オロナミンV10 完登


クリックすると元のサイズで表示します

びっくりした。
足送りが初めてできた回に登れるとは思っていなかった。

登れると易しく感じる。

調子に乗ってもう一回やってみる。
するとリップ取りで大失敗…。
やらなければ良かった…。
全然易しくない。


その後、のんびりしながら周辺の課題をやる。
そのついでにダッコV12を見に行く。

山を降りながらそのルーフが目に入った瞬間、
かなりワクワクした。
かっこいい。

駆け寄ってHoldを確認すると、
やはり悪そうだ。

MOVEを思い描くとさらにワクワクする。
『 こいつは登らせてくれないなぁ〜、きっと 』

取り付かせてももらえなさそうな悪さ。
フレッシュなときに。

荷物をおいてる場所まで戻るとすでに2時過ぎていた。

慌てて移動。
目指すは竜石。

場所はこないだ聞いたので、
とりあえず偵察。

クリックすると元のサイズで表示します

急坂がきつい…。
くたばる寸前に鳥居が見える。
そこが到着点とは限らないが期待した。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥居をこえると、

クリックすると元のサイズで表示します

竜石到着、安心すると共に驚いた。
ロケーション抜群、岩も凄い、
さらにルートもかっこいい。

藺牟田がますます好きになった。

クリックすると元のサイズで表示します

偵察も終わった頃、現実に戻る。
マットを持って来ればよかったと…。

もう一往復せねばならないのか…。

少し休憩し、開き直って来た道を戻る。

16時、岩にしがみつく。
時間が無いため、すぐに龍を。
次回のために高難度を取り付かねばならなかった。

龍の核心部は明確中間部の数手であろう。

完全に打ちのめされた。
MOVEすらばれない。

日暮れまでしつこく同じ場所にへばりつきかろうじて形にはなった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

オロナミンで指先維持の非力さを感じ(あれば自動化する前に登れるチャンスがあった)、龍ではHardMoveの弱さを痛感した。


強くなりたい。
とりあえず、また来よう。

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱりclimbingは楽しい。




0
投稿者:tajippei

野田家

11月14日(日)
みんなで長崎県野岳へ。
登ると少し暑いくらいだが、すごし易い一日。

比較的賑わっていたが、例年に比べれば穏やか。

東ルート出だし
クリックすると元のサイズで表示します

ホテルイレブンと間違えて出逢いをさせられていたまいまい。
クリックすると元のサイズで表示します

一息。
クリックすると元のサイズで表示します

昼過ぎ、もとえさん達と遭遇。
びっくりされた。

その後たけちゃんにも、
びっくりされた。

確かにかなり久々の野岳。

帰りごろにはびっくりされ慣れた。


Fさん、パワフル最終便。
クリックすると元のサイズで表示します

かなり前進したようだ。
それが一番嬉しい。

私も夕暮れ前一便だけパワフルをやった。
かなり滅茶苦茶なMOVEで登ったためか、
帰りの車内ですでに筋肉痛が…。

翌日のオロナミントライに暗雲が垂れ込む…。

みなさんおつかれさんでした。
0
投稿者:tajippei

クライミングシューズの入れ替わり

少し前、1足目のJET7が逝った。
(もう1足ある。)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず大体のことができるJET7、
コンペシーン等では他のシューズにはない安定感が。
なにせダウントゥでステルスHF標準装備。
コンペでは秋田国体、岩では2009年に登ったV10以上のほとんどの課題。
かなり信頼していたパートナーであった。


3ヶ月前に逝ったEvolv Oputimasも私は好きだった。

クリックすると元のサイズで表示します

かなりの想いを込めた大分国体ではこいつと。
Evolvにしては珍しく使いやすいダウントゥであったが、造りからポッケとぎりぎりまで足をつま先を残さないといけないタイプの動きに弱かった。
一般的に多く出回ったベルクロタイプとほぼ出回らなかったスリッパタイプ。スリッパタイプは扱いやすい。今思えば、二つは別物だ。評価されなかったのが残念。


今はもう1足のJET7に頼っている。
やはりこのステルスHFは反則だ。

とはいえヒール依存課題には弱い。
そういった課題をやるとき頼るのがMADROCKムゲンテック。

クリックすると元のサイズで表示します

去年1年登れなかったFinite Infinite V12を解決できたのはこいつのおかげであろう。昔から思っていたことだが、やはりMADROCKのシューズは1足必要。

こないだのタラマスカV9も課題を見た瞬間、
こいつだと思った。

とはいえ、ヒールMOVE全てにおいてこいつが良いかといえば、
そうでもない。

たまにヒールカップが大きすぎてスタンスに合わないこともある。
よってJET7に標準装備されても困る。

JET7のヒールの良いところは、
どのヒール課題でもそれなりにはなんとかなるところだ。
メインシューズとしてそれは必須条件であろう。

ムゲンテックは岩に通うclimberであればサブとして絶大な力を発揮する1足。



〜最近はTeam5.10を慣らしている。
馴染んではないが、こいつは可能性を秘めている。
ヒールがかなり効く。
オールラウンドに効いてくれるから使いやすい。

クリックすると元のサイズで表示します

トゥも少し改造。

クリックすると元のサイズで表示します

緒方工房に無理を言ってお願いした。
(ありがとうございました。)

クリックすると元のサイズで表示します

ヒールもトゥもJET7を間違いなく超える。

あとはステルスMystiqueしだいだ。
馴染むのが楽しみ。
スメアはまだまだだが、逆にエッジは最高に良い。


〜文章ぐちゃぐちゃで
内容もないけど、
木曜日に岩にいけなかったので仕方ない・・・(*`□´)

がぁ〜岩に行きたい。



0
投稿者:tajippei
1 2 3 | 《前のページ | 次のページ》
/3 
 
AutoPage最新お知らせ