Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

町と山

久留米もようやくまともな気候になった。

先週までは流石の私でも寒すぎた。
体調は優れなかったが陽気に誘われ岩へ。

山につき車から降りる。
すると、冷気を感じた。

岩の上には雪が・・・
とはいえ先週ほどの気温ではないようで
雪も軽く溶け出し、
岩は黒い。

クリックすると元のサイズで表示します

雪の積もっていない岩は、泥に覆われている。
泥の除去に必要なデッキブラシを車から探すがなぜか無い・・・。

普段ですらあまりしない整備、
今回もそれを理由に諦める。

とりあえず手ごろな岩に取り付く。
見た目と裏腹になかなかHardであった。

クリックすると元のサイズで表示します

30分程度たったころに気付く。
泥が邪魔で登れん・・・。
敗退。

少し上流に行く、
するとこないだ遭難覚悟で見つけた岩が何故かあった。

取り付く。

やはりかなりこいつも手強い。
後半のMOVEがやばい。

安定したMOVEが見つからない。
手を出せばとまる気はするが、足は確実にきれる。

もしその瞬間に指先がはじけたら、
マット外の露出した岩に叩きつけられる(ような気がする。)

はじけそうなR HOLD。
クリックすると元のサイズで表示します

少し悩む。

クリックすると元のサイズで表示します

その末に出した結論、
手を出さすに足を動かそうと。

シークエンスを大幅にかえ足を細かく刻みフックという小細工をすると、リスク回避できることがわかった。

そしてその一手には成功。

ただし、その創作が原因で時間切れ。

次回のお楽しみ。

・・・次回マットを一枚足せば、
そんな苦労もせずにすむ。



でも、
所詮は一期一会の自己満足。

大切なものは成果じゃない、
その一瞬に懸けれたか。

いい瞬間であった。


0
投稿者:tajippei
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ