Team JOY

tajippei、再スタート。
岩と人の記録

 

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

コンペとは儚いもので、
終わってしまえば一瞬の出来事のよう。

一瞬

その一瞬が、それまでの生き方や日常を変えてしまうことも

学生時代においてそんな一瞬を体験できたなら
それは本当に素晴らしいことだ。


先日行われた九州ブロックに高校生の二人が参加、結果は5位。
国体には行けなかった。

三年生の彼らにとって、
それは引退を意味する。
もう練習を、クライミングをしなくてもいいのだ。

ひとつのコンペでその結果を言い渡すのは残酷じゃないか…、
それは違う。
結果は一瞬で出たものかもしれないが、
そこに行くまでの時間は計り知れない。

上位のチームは費やしたものも大きい。
そして想いも。

勝ったにせよ負けたにせよ、
一瞬に感じるものが多かったなら、それまでに打ち込んでいた時間に嘘は無かったのであろう。


私が見る限り、
原賀・井上の過ごした一年間は
誠実で
真っ直ぐ
前を向いていた。

二人とも
一年間よくがんばった。
そしてお疲れさん。

次は大学への進学が決まったら挨拶にきなさい。
じゃぁな。
3
投稿者:たじっぺい

ADC


5月15日(日)比叡ADCに参加するため4時起床。
新しい岩との出逢いにわくわくしすぎて、
寝付けたのは3時過ぎ…。
遠足前の小学生みたいなことをやってしまった。

ほぼ寝ていない。

飛人の車で向かう。

8時到着…
受付は10時から。

はやく着きすぎた、
3タニから
『なんでこんなに早く出る必要があったんですか?』
と攻められる、1時間おきに…。

ごめんなさい。

10時からチャリティ販売会。
11時より登りだし。

130人もの人が登りまくる、
私らもそれにまざる。

16時までがっつり登った。
整備の行き届いたエリアであった。
宮崎ローカル・ルーさん筆頭開拓者達、

『本当にお疲れ様でした。』

協賛に入れてもらったものの運営・参加者のバックアップもあまりできず、
申し訳なく思う。

集まった金額もすごいが、
それ以上にこれだけの人をまとめあげた
ルーという人物 ほかスタッフ陣を尊敬する。



『参加者のみなさんもお疲れ様でした。
   セッション楽しかった〜 』


最後に、
3タニさん、
風邪をうつしてくれてありがとう。
おかげで月曜日はひさびさ丸一日休養できました(*`□´)

クリックすると元のサイズで表示します
写真1枚もとってないことに気づき、
駐車場の名もない岩にて。
これじゃ楽しさは伝わらないか…。


あ〜体調わりぃ。
遊びすぎた…。





1
投稿者:tajippei

B-JapanCup setting

2月27日(日)茂木で行われたJapanCupも無事に終了。

我々セッター陣は水曜日から入っていたので、
中々の長丁場であった。

長崎入りをしてそのほとんどの時間を茂木の町で過ごした。
茂木、
長閑で面白い町だった。

海が見えるのが故郷を思い出させそれがまた良い。

クリックすると元のサイズで表示します

二日間に亘って行われた作業、
クリックすると元のサイズで表示します

その後行われた白熱した大会。
クリックすると元のサイズで表示します

その中のほとんどの瞬間で様々のことを感じた。
何を感じたか…
それは流石にここで書くにはスペースが明らかに足りないし、
その労力もない。

よって全て略。

コンペから身を引いたとはいえ、
今後の糧になったのは言うまでもない。

指導する上でも有益な情報を得た。

やはり日本最大のイベントのひとつ、
Japan Cupは凄かった。


岡野さん、平松さん、枝村さん、おがっち、
運営スタッフのみなさん、
本当にお疲れ様でした。

ありがとうがざいました。

選手のみなさんも、
良い刺激をありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、
ようやくプレッシャーから開放された。

自分のclimbingをするぜ。
2
タグ: climbing competion joywall
投稿者:tajippei

RockSummit 2010

11月6日(土)夕方、
RockSummitに参加するためまいまいと鹿児島を目指し出発。宿泊地である垂水に22時前着。

30人近くの人が楽しそうに呑んでいたが、私らはとりあえず割り当てられたバンガローへ。

天気も悪かったためか主催者ルーさんの計らいによって車を近くにとめる事ができた。

バンガローには宮崎のGさんが。
少しだけ岩の話をして就寝。


翌日、7時起床。
エリアが少し離れているため、早めに移動した。

9時30分、会場となる藺牟田に到着。
10時からRock The Clean(以下RCPと略す)というイベント。climberが地元貢献できる数少ないイベントのひとつだ。RockSummitの主催者は各地で行われているRCPの主催者でもある。

一丸となって清掃活動を、
気持ちの良いイベントである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12時からは岩場にてSession。
みんなで80弱ある課題を自由に登る。

私も夢中になって登りまくったため、
写真が無い。

楽しかった。

グレードの低い課題が多く、さらにHoldも発達しているため初心者や女性に優しいエリア。かといって上級者も放置せず、きっちりV12まである。
中級者もグレードさえ気にしなければがっつり楽しめる。なぜなら、2級以上はなかなか手応えのある課題が目白押し、質は高い。

話をイベントに戻そう。

今イベントは決勝があると聞き、
前半はエリアどん奥からがっつりとpoint稼ぎ。
1時間ほど経った頃、エリアの中心に着く。pointは1500点程度。

ちょっとだけ高難度課題オロナミンに取り付いた。

クリックすると元のサイズで表示します

まったく歯が起たない。1手1手のMOVE強度が半端ない。
すぐに今日は登れないことがわかった。

でも、やってしまった・・・。
決勝課題を用意しているイベントなのに・・・。
この課題とこの空気に惚れてしまった。

関東勢は始まった直後からやっているらしい。
すでに2時間近くたった今もだ。

私も混ざってしまう。
とはいえ、last30分はpoint稼ぎをしようと決めていたが。

ひたすら3人で攻め続け1時間が過ぎた。
ようやく私も全MOVEばらすことができた。

残り時間30分、
繋がる可能性も0じゃない。
が、たぶん登れないであろう。

チェックシートを計算して、提出。
残り30分がっつり打ち込むために、
この課題を集中するために。

30分しっかりと課題に向き合い、
完全敗退。

リップまで捕らえたが、足を送る力は残っていなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

16時より決勝。

クリックすると元のサイズで表示します

諦めていたこととはいえ、
やはり決勝でみんなの良い登りを見せ付けられると・・・。


ちくしょ〜てかんじ。


最高に盛り上がり終了。
良いイベントの締めだった。

17時過ぎ、
みんなで集合して閉会し、
RockSummit終了。


本当に楽しかった。


〜ルーさん、アキラくん、運営スタッフのみなさん、ありがとうございました。また鹿児島に行くときはよろしくお願いします!



追伸、
夢にオロナミンが出てきよった・・・。

通う!
1
投稿者:tajippei

2010福岡県民大会

10月17日(日)アクシオンにて福岡県民大会。

私は学生たちの引率で。

クリックすると元のサイズで表示します

中学生3人はいつもどおりがんばっていた。
良は高校生含めても優勝、全体でも2位と健闘。

高校生もこの3ヶ月本当によく頑張ったと思う。
いくら修学旅行明けとは言えど、
能力がそのまま成果に繋がらなかったのは、
私の教え方にも原因があるのであろう。

能力がそのまま実力に繋がるように、
考えていかねば。

結果がでねば、過程は評価せれない。
そのことが、深く身に染みる大会であった。
次まではゆっくりと時間があるので、
やつらが付いてきてくれるなら、
私もそのつもりでひっぱて行きたい。

大人は略。

関係者の方、新原監督、お疲れ様でした。

クリックすると元のサイズで表示します
総合優勝を果たしたサモハンさん。別次元でした。
0
投稿者:tajippei
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/7 
 
AutoPage最新お知らせ