2011/2/18  20:39

オーストリア家庭料理  日々の暮らし

今日はオーストリア人のアンナのご招待で手料理をご馳走になってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮り忘れたスープは牛肉とセロリ、人参に錦糸卵の入ったコンソメ味でした。

ロールビーフの芯にはたぶんセロリと青菜が巻き込んでありとても柔らかでした。

デザート@はチョコレートババロアトッピングは苺のジャムと生クリームです。

デザートAは苺のケーキ。甘さ控えめで中のカスタードクリームが美味しかったです。

そしてアプリコットのキルシュです。アルコール度数は40以上とか。

香りがいいのでついつい飲んでしまいます。

楊老師はアルコールに弱いのかはたまた甘いものを食べた後だったのかホッペがほんのり桜色で目が潤んできました。

サラブライトマンのCDをバックに楽しいおしゃべりと共にお腹いっぱいいただきました。

さてそれからが・・・・

アンナは週一でマージャンを習っているそうです。

そこでオーストリア人、マレーシア人、中国人に混ざって日本人の四カ国人でマージャンをしました。

ルーチーさんは合唱団の呉さんに習い始めたばかりだと言うので孫さんと組みました。

私は何年かぶりでするうえに中国とルールが違うのではないかと思いながらもいざ始めてみると

楽しい〜 ポンは日本語と一緒?いえ中国語が日本に伝わったままなのかポンで通じました。

昔とったなんとやらでギャンブラー魂が呼び起こされ5勝もしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ラッキーって中国語でなんて言うの?」 「幸運:xingyun」そのまんまなのね。

「倒黴(アンラッキー)の反対語ね」としっかり中国語の勉強にもなりました♪

まさかアンナの家でマージャン大会になろうとは。

皆、熱くなり気が付くと6時間も経っていました。
                                  つづく
5
タグ: 日常 日記



AutoPage最新お知らせ