思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2013/12/14

いあ、地道にやってましたよ?  二次萌ミリタリー

クリックすると元のサイズで表示します 秋イベント“アイアン・ボトム・サウンド”にも
 ささやかながら参戦、E-5まで在った限定海域の
 MAP3までは制覇。その先へは、とてもぢゃ
 無いけど行けなかったので、目玉で在った
 戦艦・武蔵や、ドイツ帰りの潜水艦・伊8、
 天一號作戦参加で有名な軽巡洋艦・矢矧は
 入手出来ませんでしたが…(^_^;) 
 伊9潜水艦や、ロザリンド提督より遥かに
 高レベな御歴々でも取りこぼし、反復周回して
 探す方々が散見された軽巡洋艦・阿賀野を、
 ギリギリ一回クリアするのが精一杯の状況で
 ゲト出来たのは幸運でした(o^-')b♪
…(-_-;)でも、その阿賀野は大して可愛いとも思えず、
遠征要員と化してますがw写真は、阿賀野より入手難易度低く、
皆様普通にゲトしたと思われます姉妹艦・能代。
こちらは、いたく気に入りまして、猛烈エコ贔屓育成中♪
現在レベル50越えw 



E-3までクリアの時点で、ネット情報に見るE-4、E-5は
皆さん口々に
『( ゚Д゚)禿げる!』『…(-_-;)禿げる』『('〜`;) 禿げる!』
と確かに仰って居たのでありますが…(-_-;)

つい怖いもの見たさで偵察に赴いたのが運の尽き!
ビギナーズ・ラックでBOSS戦まで辿り着いたは良いが・・・
いあ、今思えば、それこそが罠だったのですが。

二割ほどBOSSのHP削った時点で当方の損耗甚大、
撤退を余儀なくされまして。
所が、ようやく辿り着いて削ったはずの敵BOSS
HPゲージがががが…あろうことか、
時間経過と共に回復して行く鬼システム(≧▽≦)ゞ!!

こちらの艦娘達のダメージを、のんびりドック入渠で
修復してると、敵も完全復活してしまう!( ゚Д゚)
焦って貴重な“高速修復剤”(クエスト褒賞or課金アイテム)
と大量の資源を湯水の如く投入、慌てて再戦に赴くと今度は
羅針盤に阻まれBOSSに到達出来ず!しかも“お仕置き部屋”
と呼ばれるflagship戦艦満載の海域へ飛ばされ、艦娘達に
大破続出!・・・のループに嵌ってしまうワケです…(-_-;)
 (↓そん時はスクショ撮ってる余裕なんぞ無かったので参考画像w)
クリックすると元のサイズで表示します












クリックすると元のサイズで表示します 





 秋のライヴ行脚出発前には、
 艦隊中、大破中破の艦娘だらけ
 となり、編成画面は一面
 もうもうたる煙!補修してやる
 資材も“バケツ”と呼ばれる
 高速修復剤も共に枯渇!ってな
 惨状を呈しまして・・・(^_^;)

1週間のツアー不在の間、艦これはplay出来ませんので
資源の自然回復だけが多少進み、それ以降、
最近まで毎日“デイリー”と呼ばれる
建造、開発等の日課クエストと、編成して命令出したら
4〜6隻の艦娘達が3組、4時間から15時間は出たっ切り
母港に帰投出来ない資源回収遠征に毎日送り出して終わり、
と云う…(-_-;)どう観てもゲームを遊んでる、って感じではない
業務?…日課を粛々と消化するだけの日々が延々続いた結果、
ようやく当鎮守府(正しくは、大湊サーバーは警部府ですがw)
も先週辺りから“ゲームを遊べる”状況まで復旧♪
…ってな、11月からの顛末でございましたの(^_^;)

つづく

タグ: 艦コレ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ