思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2014/11/27

艦これはどうなってんだ!?  二次萌ミリタリー

の声にお応えして、過去日記は小休止♪
秋のイベントがございまして。(正確には本日時点で未だ開催中)
写真は、つい先日、ようやく建造に成功したばかりなのに、
イベント中贔屓の引き倒しで重用し続けたら
アッと云う間に、連合艦隊的には改三に当たる“Drei”
までレベル・アップしてしまいました、我らがビス子こと
戦艦ビスマルク♪カッコイイったらないねw
クリックすると元のサイズで表示します



実は不肖ロザリンド提督、アカウント取得して
大湊警備府着任このかた、イベント海域を完走したコトが
未だ無かったのでアリマス(^_^;)

先の夏イベこそ、規定海域を全クリアはしたものの、
毎度本編終了後には、オプション的に展開する上級者向け
エキストラ海域、ってえのが控えて居りまして。
とてもとてもそこまでは資源、体力、時間的に無理!と、
毎度指をくわえて眺めて居りましたの。

今回の秋イベ、まづ順当に初戦、二回戦と勝ち進み、
防空駆逐艦・秋月Get♪
対空砲能力特化と云う初登場の技能を有する秋月さん。
非常に重宝な上、キャラも気に入り、絶賛育成中。
対空カットイン、って荒業は、敵空母の開幕攻撃機を
あらまし落としてくれるスグレモノ!(^_^;)それと
引き換えに?なのかは存じませんが、夜戦火力は
余り期待出来ないカンジでございますがw

クリックすると元のサイズで表示します

















んで、皆様御苦労なさってる模様の新駆逐艦・朝雲も
アッサリ入手、更に今回目玉のドイツ海軍重巡洋艦
プリンツ・オイゲンもGet♪(ドイツ新艦、って言うから
シュペーとかかな?と思ったら…(^_^;)正直、凸ヤマ
程度のナンチャッテ・ミリヲタでは知らなかったレベルの艦
でございますw以前導入の独駆逐艦・レーベリヒト・マースや
 マックス・シュルツだって全然知らなかったですケドねw)
絵柄の方は、サスガ、StrikeWitches原画・島田フミカネ氏
だけあって、見事なパンツ推しw

クリックすると元のサイズで表示します

















この娘も気に入りまして、贔屓して育成中。早くも
改ニで艤装デザインがマイナーチェンジ。いやはや、
二次大戦・独軍兵器のデザインとカラーリングが
今なお素晴らしい逸品で在るコトも確かなのですが、
それを此処まで見事に反映、再現するフミカネ先生の
マニアっぷりと研究心には頭が下がりますね。

クリックすると元のサイズで表示します

















で、いつもなら此処でロザリンド提督のイベントは
大満足のうちに終了するのですが…ナゼか今回は、
資源資材やバケツ(高速修復剤)もダダ余りw
ハッスルが『もはや、そんなのゲームぢゃねえ!』
とまで仰る、日常のルーティーン・ワークでの
チマチマ・コツコツ積み重ねた兵站確保、蓄財の成果が
此処に来てようやく開花?

初体験のエクストラ海域もなんなく突破し、
駆逐艦・野分さんも入手出来ましたよ(o^-')b

クリックすると元のサイズで表示します

















狂乱ブームと社会現象化も一段落した感のある『艦これ』
ではございますが、ロザリンド提督はチマチマ楽しんで
居ります故、末永く続いて欲しいものでアリマス。

最後に、やはりフミカネ先生によります、ビス子こと
ビスマルク嬢の見事な中破絵にて、久々の艦これご報告を
〆させて戴きましょうw

クリックすると元のサイズで表示します

タグ: 艦コレ



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ