思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2015/9/4

コレは試さざるを得ない('〜`;)   蟷螂之斧

クリックすると元のサイズで表示します


































暫定的(実験的?)にAMTのPeavyアンシュミで
最近の音を作って居りました凸ヤマ。
何かこう決定打が無かろうか?と物色してたのですが、
バリバリの新製品で来ちゃいました。スペック観ただけで
『( ゚Д゚)ソレだろ!?ソレしか無いダロ!』ってヤツ♪
しかも名前、バクスバンジーターだぜ?
いあ、意味判んねえケドw(^_^;)



クリックすると元のサイズで表示します



















小笠原Marshall氏の出張レクチャーを得て、年寄りの冷や水で
“ワイヤレス・システム”導入を決意した凸ヤマ。
(先のツアーで、生涯初めてシールドが邪魔だ、と
 感じた瞬間が二度在った為、検討を開始(^_^;)
 まァ、Pulling鈴木さん〜Baptizeの皆様、と
 こぞって導入の流れが来てた、ってのもあり。こんだけ
 ウルサイ方々が認めたからには、もう使用に問題が
 在ろうはずが無い、って判断も。少し遅れて便乗w)

…(-_-;)折角Line6のシステムお安くなってたから、
それだけにして置けば、被害も少なくて済みましたのに('〜`;)
OrangeBAX BANGEETAR
同時に導入しちまいましただよ♪
でも、こう云う“コレだ( ゚∀゚)o彡°!”って直感系の
衝動買いタイミングって、いっつもそんなよね〜♪
(…と祥さんに同意を求めるw)

クリックすると元のサイズで表示します















組んでみた。

いあ、昔からOrangeの音は好きなんだけど、
(特にアノ独特のMIDコントロール系)
なんせ余りに造りが“重い”(ヘッドもキャビも重量過多)
がデフォなメーカーさん!ソコが原因で、
これまで全く選択肢に載せられなかったのよね('〜`;)

近年、ワット数1桁の小型Ampなんかはリリースし始めて
たのだけれど、Orangeのストンプボックスって
聴いたこと無くないですか?初ぢゃないのかな?
良く知らんけれどもwしかも例のMIDコントロールを
まんま搭載(≧▽≦)ゞコレは試さざるを得ない!

感想及び総評『ウッヒッヒヒヒ(΄◞ิ౪◟ิ‵ )』
こりゃあトラック作りのギター録音にも相当使えるぜ(o^-')b

ワイヤレス導入で、嫌でもボード容積が足りなくなるので、
やむ無く1サイズ拡大。姐さん赦して下さいw
(だからデカいBAX BANGEETARも組み込み可能に♪)

クリックすると元のサイズで表示します 僅かな隙を探して、懸案だった
 リバーヴ系も追加♪
 (取り敢えず、押入れで待機してた
      LovePedal・EchoBaby


唯一トラブったのは、Line6専用に単体の純正ACアダプター
を使わないと、共用サプライからの給電では演奏中、
他のエフェクターの稼働率が上がった瞬間?
突然電源ダウンするコトが在った点('〜`;)
(その消え入る残響が凄くカッコイイ♪←そんな場合ぢゃないw)

クリックすると元のサイズで表示します 供給元Providence
 Provolt9は、各々アイソレート供給
 なハズなんだけど・・・
 個別アダプターでないとなんか駄目、
 ってのはエフェクターでも頻繁に
 在りますケドねえ…(-_-;)
その給電方法変更で、折角ピッタリ収まってたのが
駄目になり、一部ゲタ履かせたり、
工夫が必要になっちゃったけれど。

かなりこのボードを煮詰めるには時間が要る感じですが、
新しいテクノロジーの導入もジャンジャンして行かないとね(^_^;)
本体がロートルなんだからw
BAX BANGEETARは中々フレキシビリティーに富んでる
ので、好みを確定させるには相当なリファレンス集積が
必要そうな気配だけれど、それも楽しみですものね(o^-')b
また理想の音に近づけて参りますわよ♪(永遠の道)




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ