思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/1/10

空論城の住人レコ発 in 宇田川GARRETの2  ロザリンド戦記

さて2018年10月12日、渋谷は宇田川GARRET
ROSALIND九作目『空論城の住人』レコ発でアリマス♪
(BaptizeのRyu-changが創ってくれたフライヤーです↓)


クリックすると元のサイズで表示します



なんかGARRETさん入り口で、このお歴々が
談笑する様子が此の夜の空気感をあらまし伝えてるのでは?

Shady Glimpseシンヤ総帥、
AWAKEDリズム隊・世界のヒサオさん&ナオさん
 (お二人がCEMMENT太一君とアベちゃんのバックを
   Helpで勤めた、ってビックニュースも舞い込みましたね)
King's-Evilでの来盛も果たしたCryCODE RED等などで
超お馴染み、みんな大好き“イシッタ”石黒くん♪


クリックすると元のサイズで表示します



ロザリとは血の絆で結ばれるBASSAIUMなっちゃん&イサヲも
駆け付けてくれました♪


クリックすると元のサイズで表示します
























最高に嬉しかったサプライズ♪なんと宇都宮から宮ちゃん&
学ちゃんがわざわざ来てくれた!しかもロザT着て♪泣ける〜(T_T)


クリックすると元のサイズで表示します










































GOOFY STYLE阿部君、DOOM小平君のフレットレス軍団も!

ロザリはベーシストにモテる…のか?w


クリックすると元のサイズで表示します
























Team Pullingの及ちゃんも体調不良を推して馳せ参じて
くれました(T_T)ホントありがてえなあ。

(;¬_¬)やっぱ、そういうトコだぞ!
(誰に言ってる?w)


クリックすると元のサイズで表示します

























結果、案ずるより何とやらで大盛況。
お陰さまで“リリース・パーティー”に相応しい
(勿論ロザリにしたら、だけどね(^_^;))動員で。ありがたや。


…(-_-;)でもサ、毎回東京で自主企画打って思うコトだけど
客席に向かって
       “本日お集まり戴いてる皆様で、
        バンド屋さんでない方、もしか
        おいででしたらチョットお手を
        挙げてみて戴けませんか〜?”
と呼び掛けたら、一体何人“素のお客さん”が
いらっしゃったのか!?甚だ疑問でアリマス。
体感で、場内92%ぐらいの圧倒的
“バンド屋率”ですよね(^_^;)…知ってたw

待てよ、そんだけバンド屋指示を集めて、それだけで
成り立ってるなら、ひょっとして
ロザリって、いわゆる『ミュージシャンズ・ミュージシャン』
ってコトじゃね( ゚∀゚)o彡°

…(-_-;)普通『ミュージシャンズ・ミュージシャン』つうたら、
渋過ぎて一般受けしない、達人の称号だから。

世界初の全く渋くなくてヘタクソな
『ミュージシャンズ・ミュージシャン』
の誕生であるw


もひとつ思ったトコロは、
如何に昔長らく秋葉原GOODMANを活動のホームに
させてもらってたとか、開催頻度とかの問題を
差し引いてみても、だ。

(;¬_¬)ロザリの観客動員力?集客力?に
東京と盛岡で差が在り過ぎじゃね?幾ら何でも?と云う
悲しい現実も在った。

空手コンドルMellow Monk Connectionハッチ
no TOKYOケンサクちゃん、空手コンドル建志くん♪


クリックすると元のサイズで表示します
























ABNORMALSキヨさんも♪


クリックすると元のサイズで表示します










































まあ、こうした面子が集って下さる、ってえコトは
結構マジなのかも…(-_-;)
『世界初のヘタクソなミュージシャンズ・ミュージシャン説』

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ