思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/2/9

2018年10月のこぼれ話  ロザリンド戦記

ロザTの在る風景、グッと遠くはオランダより♪

凸ヤマのBAND友達、RobさんがロザT来てくれてる写真を
わざわざ送ってくれました♪嬉しい。
Gibson Bass Bookなどと云う超マニア本を上梓してしまった
偉大なRobさんであります。


クリックすると元のサイズで表示します






























クリックすると元のサイズで表示します











  ←コレね。残念ながら日本では
  出版されてないのデス。

  ちなみに↑上写真のRobさんの左足元に
  見えてる茶色いソファーの一部みたいな
  モノは、おそらくRobさんの愛犬
  フィリップ君であろうと思われますw



この彼ね。いまウワサのラブラドゥードゥルです。
いつか、我が家の朔太郎と遊ばせるのが夢ですw


クリックすると元のサイズで表示します
























一方、ハロウィーンも近い朔太郎の様子。


クリックすると元のサイズで表示します
























































ハロウイーンと言えば!3年連続で参加させて貰って居た
浜松のハロウイーン・パーティ。今年もパーティは在るのですが
BAND演奏はナシ、と云うコトでロザリに
声は掛かりませんでした!(T_T)ザンネン。

でも、来年は是非また演りましょう(o^-')b!

…と言う訳でお顔が写ってない写真ですが
たちどころに誰か判る、ノラちゃん♪
ピンク・プリントのロザTがめっちゃお似合いです。
浜松ハロウイーンと言ったら、ノラちゃんとサクちゃんが
欠かせません。2019年はまたブチかまそうね〜♪


クリックすると元のサイズで表示します
































一方、北上アメリカン・ワールドでは、我らがBASTAHAZE
“METAL店長”が店頭でロザリの『空論城の住人』を
推して下さってる模様が♪ありがたや、デス(≧∇≦)


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ