思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/8/1

2019年も、迎えてはや3月の2  ロザリンド戦記

3月には凸ヤマ的に昨年8月のGuitar&Bassセミナーと
12月のnotice高校生バンド・コンテスト審査員、
って一連の流れの集大成的?大緊張・重圧イベントが
ございまして。

GOD AND DEATH てぃば氏がその辣腕を振るい、
昨年上記一連のイベントでヤングと関わり始めた凸ヤマを
今一歩推し進めるべく、暗躍してくれました結果…
(てぃば君の優しい配慮なんだと思います♪)
なんと凸ヤマを女子高生メインのカバー・バンドに
参加させ、イベントに出演させると云う計画がw

Bassに澤野氏、Drumに尾崎氏と云う堅実盤石な布陣に、
ナントナント、凸ヤマが以前から何らかの形で
共演を熱望して居りました天才・おやまゆりか女史がKey。

Full Power Boyことヤンヤンがリーダーシップを取って
noticeでも活躍をみせた女子高生みおちんとメグちゃんを
ツインVocalに据え、あろうことか『BiSH』やラブライブ
・ナンバーをカバーすると云う暴挙。
いや、それ自体メンツは豪華で何も間違ってないのですが、
そこに凸ヤマが加わってGuitar弾く、ってのが暴挙w


クリックすると元のサイズで表示します

























noticeイベントでもDrum&VocalにBassに、とマルチな活躍を見せ、
Crocusのmarcy君やしめじ君同様、所謂『超高校生級』の
逸材メグちゃん、今回は勿体無いけどVocal専念。

伸びやかなソプラノボイスが実に心地よいみおちんは
なんと媚の相対Dr.村松っちゃんの従姉妹だと云うでは
ありませんか。なんという音楽一家の血統!?


クリックすると元のサイズで表示します

























病弱でスグお腹は痛くなるものの、圧倒的にカバー慣れ
して居り、曲の肝を抑えるのが誠に的確、今回この
寄せ集めメンバーの演奏面を束ねる尾崎氏。
同じく圧倒的玄人感を醸し出し、余裕のおやま女史w

(;¬_¬)澤野&凸ヤマは同じ様な感じで
習熟度が今ひとつ(今みっつ?)ながらチカラでねじ伏せようと
足掻くw

ラブライブに賭ける熱量は誰にも負けない
ヤンヤンは…(;¬_¬)初練習三日前まで、凸ヤマにだけ
演奏曲を伝え間違って居たと云う大失態ww
(ま、ラインやってない凸ヤマも悪いんだけどさ)



つまり、他の誰も練習してないラブライヴの曲を1曲
凸ヤマだけが無駄にコピーして練習してた上、
本当は演奏しなきゃならん曲を耳コピ着手してない
どころか、一度も聞いたことさえ無い状況だった
ワケ!も〜大変さ(≧∇≦)

いや、ヘタクソな凸ヤマではありますが、一応音が採れないとか
全然弾けない、とかは無かったのね。幸い。
でもね、やっぱり歳取るって恐ろしい。

(屮゜Д゜)屮覚えられないんだよ!

全然暗譜出来ないw日常では全く凸ヤマに馴染みの無く、
全く自分の中にない音楽なせいもあるんだろうけれどね(^_^;)

ヤンヤン&澤野氏が曲によってチューニングを変えるという
離れ業…飛び道具?を使ってて感心。カバーって
そういう対処で演り易くなるもんなのねw
((^_^;)事もあろうに全曲いつものDropDチューニングで
 対応した無骨な凸ヤマでしたのw不器用にも程がある!)


yellowにてボロボロの初練習を終え、もう本番前バンドで
合わせる機会はたった@一回しか無いと知り愕然!

ヤケクソで
ヤンヤン&おやまと菜園のお洒落なお店でPizzaを食すの巻。
(全員誘ったのだけれど、なんやかやでこのお二人しか
 来てくれなかった!Pizza喰いたい!と主張したのは凸ヤマ爺)
ハチミツ掛けて戴くチーズ・ピザなんて、お爺ちゃん初めて
食べましたわよw

いや〜大変だあ!プレッシャーだああw何も手につかん!


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ