思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/9/5

21年ぶりの福島OUTLINEの2  ロザリンド戦記

2019年3月23日(土)福島OUTLINE。
ひつじと紀さん渾身の企画“メタルだよ!全員集合”は
福島いわきが誇るNAMAZの演奏で火蓋を切りました。

なんと飛び入りで以前郡山PEAK ACTIONで共演し
お世話になりましたto overflow evidenceのVo
ごっちゃんこと後藤君も登場、盛り上がります♪


クリックすると元のサイズで表示します

























一応“空論城の住人”のレコ発ってコトで、チャッカリ地元の
NAMAZより後に登場させて貰っちゃったロザリだったのですが。

当然駆け付けたShady Glimpseトモゾーちゃんはじめ、
沢山の方に暖かく迎えて戴き、楽しく演奏出来ました♪
(写真は此の日主催仕切りでてんてこ舞いのひつじを
 サポートしてカメラマンに徹した裕どん撮影)



クリックすると元のサイズで表示します

























折角のひつじ&紀さん企画、レコ発の冠付けて戴いて
ユナイと超久々の共演、超久々の福島・・・特別尽くしの
此の日でしたので、ロザリも隠し玉を用意!

福島が産んだ英雄、我等がゲイリーさんに御登壇願いまして
『Pacific High』を弾いて戴いちゃいました♪


クリックすると元のサイズで表示します



いやあ激アツだったね♪(↑コチラはひつじどん撮影)


クリックすると元のサイズで表示します
























実は、ゲイリーさんと云う隠し玉の他にも
秘密裏のサプライズが主催さんから提案されとりまして。
だるまさんが二日後に誕生日を迎えるのを

熟知してるひつじどんが↓仕込んでくれて居りましたの♪


クリックすると元のサイズで表示します

























『Pacific High』を弾き終えて引っ込むはずのゲイリーさんが
奏で始めたジミ・ヘン風“Happy Birthday”に挙動るだるまさん之図w



クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ