思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2019/9/11

2019年も、はや迎えて3月の14  ロザリンド戦記

2019年3月28日(木)は。

GODANDDEATHてぃば君がお誕生日だと言う事で、ナゼか
前々日ぐらいからtwitter上で皆に
『食パンをくれ。俺の誕生日を食パンで祝ってくれ!』
と呼び掛けて居り。

そんなに食パンばかり集まっても大変じゃろう、と
ピーナツバターやとろけるチーズ、ソフトバターに
カップスープの素等、食パンのお供に良さげなブツを
揃えて巣子のてぃば邸を急襲、強引に手渡したのであったw


クリックすると元のサイズで表示します



巣子は街灯も少なく暗いのでこんな写真のみw


一つ後悔したのは、いざいざ巣子まで
車で走ってみると(夜8時過ぎ)意外と
アッサリ到着出来たコト。

以前日中渋滞で凄く時間が掛かって遠かったイメージが
在り、近年おやまゆりか嬢を何度か送ってあげたい
タイミングが発生したにも関わらず
『巣子かあああ('〜`;)巣子は遠いなあ〜!』
とチキって何度も断念した経緯を思い出し、
…(-_-;)こんな近いなら、おやま送ってやれば良かった!
と猛省した凸ヤマだったのでした。
(わざわざ東京に居るおやまにメッセして懺悔w)
タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ