思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/3/15

2019年5月岩手miniツアーの3  ロザリンド戦記

2019年5月19日(日)大船渡KESEN ROCK FREAKSさん♪

出演ラインナップはこんな感じ。少数精鋭?(^_^;)3団体のみw
コンパクトなイベントで、それがまた良かったです。


クリックすると元のサイズで表示します











































暗くなってからの雰囲気も素敵なFREAKSさんの建物。


クリックすると元のサイズで表示します

























この人が駆け付けてくれましたよ♪動乱野武士、TSUKA君デス!
このライヴに呼んで下さったFREAKSの千葉さんと。


クリックすると元のサイズで表示します



東京からやって来たTHE FUZZACTの面々。
実はこの御縁で、この後にも大船渡で再び共演するコトに。

此の日のライヴでリード・ギターさんだけが浮いてたので
十二分に予想は付いたのですが、案の定この直後に彼は脱退。
後の共演時にはTRIOになってました(≧∇≦) FUZZACTです。
ベース君がなかなかに達者な腕前。


クリックすると元のサイズで表示します

























打ち上げでお話すると、ナントG&Vo君とDr君が鹿児島出身の
薩摩っぽ!我らがSpeedKingさんでもライヴしてました♪
ってんで激しく盛り上がっちゃいましたね。


クリックすると元のサイズで表示します

























昨年末のロザリ初大船渡の際に観て戴いて
ロザリにハマって下さったくーしゅけさんにも
来て戴けた♪この後、くーしゅけさんには盛岡ライヴ
へ通って戴く機会も増えました。ありがとうございます。


クリックすると元のサイズで表示します

























非常に上質なPOPナンバーを量産するカンノさん。
凸ヤマが気に入るからには、かなり洋楽テイストが濃いの
だと思われます。


クリックすると元のサイズで表示します

























FREAKSさんも打ち上げご飯の美味しい小屋のひとつ!
動乱野武士TSUKA君の活躍も在って、抱腹絶倒の打ち上げと
なりました♪

この夜は凸ヤマの友人、大船渡在住の久喜さんが所用で
不在のため宿泊は叶いませんで、盛岡まで打ち上げ後の
夜道を走る行程となりましたが
充実したライヴの帰り道は、遠くても楽しいものです。

大船渡、またスグ帰って来られるとイイな〜♪


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ