思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/7/14

偲ぶ会  ロザリンド戦記

2019年9月15日(日)はかごのめにて。
6月に旅立ってしまった志田さんを偲ぶ会。

旧ファミーユ的有志の会合だったのですが
ナゼかこのだるまさんとアンキーの2ショット
だけが沢山携帯に残ってましたので。


クリックすると元のサイズで表示します

























この頃はまだまだ、WAVEの階段を途中まで降りれば
そこに志田さんが居てくれる、って意識しか無かったなあ。


クリックすると元のサイズで表示します



此の夜のかごのめのお料理も美味しゅうございました。

一心不乱に齧り付く御二人もナゼか撮影してたのでw
きっとこの写真を見て、志田さんも例のニヒルな
笑顔を浮かべてくれるコトでしょう♪


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ