思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/10/15

エナツの祟り さん来盛!  ロザリンド戦記

2019年10月19日(土)は八幡Changeにて
エナツの祟りさん達をお迎え…したのが
弾き語りのソロ・ニコラス・セオイと
BAND形態ロザリンドのみ!と云う
凄い?メンツw地元お迎え側総勢僅か三名ながら
メッチャ少数精鋭でしょ?(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します












































ステージ担当は澤野氏と云うメッチャほのぼのメンツw


クリックすると元のサイズで表示します

























企画モノ?と申し上げて失礼に当たるのかどうか
判断に苦しむトコロですが、
めっちゃ洗練されたプロフェッショナルの
皆様でしたエナツの祟りさん達でございました。


クリックすると元のサイズで表示します

























↑当日のステージ写真が全く無い(撮影禁止だったっけ?)
ので、ニコラスのリハを見守る澤野氏のショットを♪

エナツの祟りさんを観に集った常連さん
(結構遠方からの追っ掛けの皆様も!)が
とてもマナーの良いお客様達で。ニコラスもロザリも
偏見なく楽しんで戴けて、大変有り難かったデス。

なかなか盛り上がった前座二組を観てた
エナツさん事務所の女性社長さんが
『You達も東京来ちゃいなよ♪』的なコトを
言って下さったりして(爆)なかなか
地元サポート冥利に尽きましたネ(o^-')b

エナツの祟り御一行様は終演後即移動だった為、
ロザリとニコラスだけでチョイト豪勢に焼き肉ヤマトで
打ち上がっちゃいました♪

妙にイキった人も居らず、覇権を争って主張する
なんてコトも一切無く、さはさりながら
ライヴそのものは熱く全力でガチで。

誠に平和で楽しい夜でございましたのよ。


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ