思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2021/3/18

UNITEDと東北再び、の2  ロザリンド戦記

2019年11月16日(土)仙台FLYING SON。

此の日は4番手でROSALIND登壇。
良い出逢いが続いてテンションMAXの凸ヤマでしたが、
どうも音がおかしい(;¬_¬)。時折、ゲインが
足りなくなる謎の症状が顕在化。
ワイヤレスは替えたから、原因は他にあるな。


クリックすると元のサイズで表示します






















AmpヘッドのVOX MV-50ROCKも念の為スペアと入れ替えて
臨んだから、それでも無い…等と考えながらの
凸ヤマのコトなんざ一切関知せず、トップギアで飛ばす
だるまさんw頼りになります♪


クリックすると元のサイズで表示します






















SKULL FUCKが動けなくなって以降、ここ数年
ずっと冷や飯を喰っていた?あいぢゃわが遂に
始動出来たMISHMASHは、ロザリが足繁く仙台に通っていた頃、
様々なバンドで対バンしてくれた古強者揃い。


クリックすると元のサイズで表示します



UNITED登場。前に4人立つには少々狭いながら、
春の福島同様、東北各地からUNITEDフリークが
集いまして、ここ仙台FLYING SONでもサスガの貫禄♪


クリックすると元のサイズで表示します






















会場内ビッシリ過ぎてシンゴさん側には肉薄出来た
のですが上手のハリー先輩側には近づけ無かった('〜`;)


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ