思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2021/3/24

TILI FES in 大船渡FREAKSの1  ロザリンド戦記

2019年11月は毎週末ライヴで先週末はUNITEDと連戦の
挙げ句わんこそば大会までやったロザリ、実は5日後には
“チリ・フェス”が待って居たのでした。


クリックすると元のサイズで表示します













































11月23日(土)正式にはsunsetfreaks Fes.って
タイトルなのだけれど。菅野御大が意を決してTILITILIを
活動休止にして、新たな一歩を踏み出そうと云う
締め括り、句読点の意味と門出を合わせた2Daysフェスティバル
in 大船渡KESEN ROCK FREAKS。


クリックすると元のサイズで表示します











































ナゼか関係者全員口を揃えて“チリフェス”としか呼んで
無かった希ガスw

我々ROSALINDはDay1。Day2にニコラスも弾き語りで出る
っつうんで、も〜メッチャ行く前から盛り上がったねw
一緒に行って二日間楽しもう!と計画して
ホテル椿さんの三人部屋(これがまた最高でした♪)
取っちゃったりして。出発前にセブンでお菓子
仕入れたり、もはや遠足。
(これを境に、ニコラス〜大船渡ってワードは
 もはやお楽しみ会や遠足の様相を呈する事が決まった)


クリックすると元のサイズで表示します



ニコラスと姐さんと馬鹿話に興じて大笑いするウチに
あっという間に大船渡到着。FUNNY THINKも一緒なので
Marcyが川を眺めながら弁当喰ってましたw


クリックすると元のサイズで表示します

































ちょっと記憶がアレだけれど、写真記録の並びから
推察すると、ロザリがFREAKS通う様になって見つけた
大船渡ローカルのファミレス、ほっとポットさんに
お昼食べに行った様な気がする!

んで、こんなランチだった気がする!
(なんだか花巻マルカンデパート食堂のナポリかつ、的なw)


クリックすると元のサイズで表示します

























チリフェス参加者の考えることは皆だいたい一緒で、
Day2出演なのに仕立て屋本舗さんも既に初日から来てますw


クリックすると元のサイズで表示します

























なんだかランチの記憶もだけど、此の日の出順も良く
覚えてないんだなこれがw

ともあれ、天才二人組Gigantics(a.k.aザルソバ)が登場。
ドキドキ君とシンタロー、異能の才人二人なので
音楽も目まぐるしく進化。この頃はデビュー当時の
Radio headみたいになってたよね。
(ちなみに彼等も大船渡の出身)


クリックすると元のサイズで表示します

タグ: ROSALIND ろざり



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ