思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2021/3/17

2019年11月15日Five  ロザリンド戦記

翌日からUNITEDとのメタル連戦と云う此の日、ロザコで
Five盛岡のほのぼのアコナイトに誘って戴きました。嬉しい♪


クリックすると元のサイズで表示します











































翌年春からは仙台へ進出する石垣匠くん。実に達者な腕前の
ギターと安定した歌唱力で年齢を遥かに超えた貫禄w


クリックすると元のサイズで表示します











































バンド、Waikatoでは共演したことのある てる君、
此の夜は弾き語りで。


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2021/3/17

2019年11月入手の傑作音源  褒め殺しスタジアム

クリックすると元のサイズで表示します

























NO MORE PAINとKANDARIVASの両新作。内容については
あちこちに書いたり御本人達にも伝えたけれど
いづれ日本を代表してしまう出来栄え。
両作品ともサウンドの斬新さが先鋭的極まる。

NMPの作風と完成度に至っては少々気後れして
落ち込む程だが、ほぼ10年振りの作品で
この曲数の少なさでカバーまで含む、と
勘案して自分を慰めたw
古くからずっとロザリを大事にしてくれる札幌の
戦友達がこんな素晴らしいモノを産み出したコトは
誠に誇らしい。

トモキちゃん率いるKANDARIVASも今や
盛岡にPulling Teethが来る際はマストな共演者と
なり、ロザリも毎度御一緒させて戴いて、すっかり
馴染んだ♪アジア諸国での活躍っぷりは
眼を見張るものがございます。

両バンド共に、もはや日本国内で論じるには
規格外のスケール。頼もしい限り。


2021/3/17

2019年秋SNSえとせとら  Wスタな日々

この時期、娘が帰省してまして。SNSについて
彼女とデスカッションして気が付いたコト、
初めて知ったことなど。


クリックすると元のサイズで表示します











































2014年1月から始めたfacebookがフレンド934人、後発で
2018年6月から始めたtwitterがフォロワー863人と
大体知り合いをカバーしてる総数としては似たレベルまで来てる。

まあほとんど目的はバンド活動の広報と
遠方に居て普段なかなか逢えないバンド仲間との消息近況
確認が主眼なワケで、個人的なコトは余り書かないよね。
(このブログが一番私的かも?)
なんせソーシャル・ネットワーク・システムですものw


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり

2021/3/17

久々に  蟷螂之斧

いじり倒してました2019年11月4日。

この時期、凄いライヴ・ラッシュでしたね〜(^_^;)
月間7本。良くぞ演ったw
ですが、振り返って見れば安定してたこのシステムで
時折、ギターの手元でVolumeを絞ったみたいにゲインが
減衰する?みたいな不調が頻発したのもこの時期からでした。
原因究明に時間かかったよね〜('〜`;)

ま、その種あかしはまた後のこのコーナーで。

ひょっとしてソレの原因がワイヤレスでは無いか?と
勘繰った結果のLine6→BOSSへのシステム交換。
消去法で行くしか無いですものね。



クリックすると元のサイズで表示します




























凸ヤマ・ボード初のBOSS製品ですが、流石に信頼性は高い。
混信系は一切なくなりました。ワイヤレス・レシーバー本体に
ジャックを挿せるのも良いオプション。いざって時に
緊急避難が早いですよね。

ATOMIC COCKも小型版が出たので購入して換装…したのですが、
どうにもカラーリングが野暮ったくて気に入らず、
後に元に戻しますw

Neunaberのエフェクターを初導入したのもこのタイミング
だったのかな?エレキ用にImmerse Reverberator MkII、
アコースティック・セット用ボードに
Inspire Tri-Chorus Plus。凸ヤマには似合わない
大変高品位なエフェクター(^_^;)特にコーラスは
素晴らしく、ヘタクソな凸ヤマのエレアコの
サウンド作りに大きく貢献してくれました。
もはや欠かせないw




2021/3/17

1年4ヶ月遅れのブログ追記再開!  Wスタな日々

2019年11月初頭雑記。

クリックすると元のサイズで表示します

























小学校3年生の頃に釜石の製鉄所では
合理化に伴う大規模な移動が在り、企業城下町は一挙に
人口が減った。たくさんのクラスの仲間達が千葉の君津や
名古屋の東海と言った他の製鉄所の街へ転校して行ったのだった。

その頃別れたきりだった早野君と云う友達が
釜石に居る従姉妹を通じて私に逢いたいと連絡してきたのは
昨年の事だったが、ようやく機会を得て11月の1日に
盛岡で語らうことが出来た。
そういうチャンスが無いとなかなか行けない仁子ちゃんの
お店Forestに連れて行き、釜石ノスタルジー・ナイトを満喫w

ナゼか全然二人で写真撮ろうぜ!と思い付かなかったな。



2020/11/15

Pulling Teeth襲来♪  ロザリンド戦記

なんといつの間にやら1年遅れになってしまったこの
ブログでございますが。
『リアルタイム配信全盛の中、逆に
 ジックリ歴程を振り返る機会は貴重デス』
との励ましも頂戴してオリマス。
実際には2020年11月、コレを書いてるタイミングでは
コロナ下にも関わらずPullingがまた盛岡に来てくれまして
ワンマンをしてくれたのですが。

遡ることほぼ丸1年前
2019年11月3日(日)Five盛岡。


クリックすると元のサイズで表示します












































ロザリ的には前夜が急遽のPARASANAサヨナラ公演。
連日の盛岡ライヴとなったワケですが。
Pullingの公演とあっては頑張らないワケには参りません♪


チョッピリ体調がすぐれず、自身のBAND活動も
ライヴハウスに顔見せてくれる機会もこの時期
減って居りました沼も、ロザリと同じく
Pullingの公演とあっては頑張らないワケには参りません♪
久々にその勇姿を拝むコトが出来ました!


クリックすると元のサイズで表示します












































切り込み隊長は“岩手の希望”BASTAHAZE!
地方に在っても、これほど独自の音楽性を切磋琢磨して
構築して行けるんだ、と云うお手本。
“東京で流行ってる音楽をトレースする”って姿勢が
若者達の歌モノでは当たり前の姿勢ですが、
本当の意味で地方から中央を震撼させ得るBAND活動の
方向性って、BASTAHAZE級のオリジナリティーと研鑽こそが
一つの指針だと思います。
(…と云うのは随分遠慮した物言いで、
  実際にはこのBASTAHAZEの方法論しか無い、と断言したい。
  地方都市から、中途半端に大衆動向に乗り汎用性を
  追求した形のBAND…つまり今流行ってるコトを演ってる
  田舎BANDを出してやって、東京大阪で平素日常から溢れる
  過当競争と機会と情報に揉まれてる連中と勝負させて、
  何か結果が出るとは、とても思えないのですよ。)


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり

2020/11/4

さらばPARASANA  ロザリンド戦記

2019年11月2日(土)は本当に急遽決まった
春樹のPARASANA凱旋公演…(-_-;)と云うか
サヨナラ公演 in 八幡Changeでございました。


クリックすると元のサイズで表示します











































イベント・タイトルにございます様に
前回2017年の凱旋公演時の騒動については
小欄コチラに詳しくw
https://white.ap.teacup.com/yama-rosali/1755.html
そうしたワケでの『顔面骨折リヴェンジ』だったのですが、
それがまさかの解散サヨナラ・ツアーになるとは('〜`;)

余り感傷的な湿っぽい感じには馴染まない?ロザリですので
いつも通り。


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ