思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2020/6/16

2019年8月29日(金)WAVE  ロザリンド戦記

2019年8月29日(金)は盛岡WAVEにて地元ブッキングライヴ。
“炎熱万歳!熱さで暑さをぶっ飛ばせ”が挙行されました。

ROSALIND Acoustic略してロザコ(命名 by 澤野氏)
デビューから遂に3戦目!しかも初WAVE!
またまた大緊張でした。なんか演る度にヘタになってる感(≧∇≦)


クリックすると元のサイズで表示します


























なんか姐さんは余裕出て来たんだけど、凸ヤマがヘタクソ
なんだよね〜('〜`;)定めよね〜w


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり

2020/6/16

2019年8月27日(火)に  観戦記録(応援に行ったライヴ)

カレンダーに“無重力キューブ”って書いてあるんだけど…(-_-;)
写真が一切無い。またこのパターンかいなw
その時は目に焼き付けて覚えてるつもりなんだろうけど、
この歳で10ケ月経過すると記憶風化凄いから
絶対ダメですよね〜('〜`;)看板とかステージとか
撮影してないと。

誘われてて行かなかった?それともあの
『シナリオに火をつけて』のレコ発ライヴか?
なんかちづるが妙なエフェクターでおかしな音出して
事故った時?もはや検証する術も無く。


仕方無いから、この頃ハマったまるちゃんの
冷やしぶっかけたぬき。凸ヤマは好きでした♪
4分でお湯捨ててから3回冷水で洗う、って
少々面倒くさいけれど、おいしい♪

(実は2020年も既に6月には市場に出回ってまして
 もう今年もリピートしましたw)

無重力キューブと何の関連もなくてゴメン(^_^;)


クリックすると元のサイズで表示します


2020/6/16

8月24〜25日の週末は  ロザリンド戦記

近年、だるま姐さんがMCをするのが恒例化
しておりますカレッジ・オブ・ロックの
岩手町は石神の丘で行われますイベント。
今年はCOLLEGE OF FES.2019と銘打ちまして
8月24〜25日の土日に開催されました。

観戦応援に行っていたゴールドルーキー・ニコラスと
姐さんの2Shot。


クリックすると元のサイズで表示します

























朝のうち準備中は少し雨模様だったものの、驚異の
晴れ女、だるまさんの神通力でどうにかした模様?


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり

2020/6/16

2019年8月中旬の1  Wスタな日々

お洒落なもんが在るもんですなあ。
お洒落グッズに全く興味関心の薄い凸ヤマでも
コレは感心!

本読まないからロクな本棚無いけれど、コレCDラックに
置いても浪漫ですわ〜♪

でも買わないですけどねw楽器や音響機材とツアーに使う車
以外、『生活を彩る』系の品物に金を使う気が一切無いのでしたw


クリックすると元のサイズで表示します












































現状の生活に定住する気がない意志の顕れなのですけれど。

いつでも取り外して持ち去り可能な凸ヤマ音楽室の
フラックラーさん以外、そのテのものを増やす気は無い。
(知る人ぞ知るフタックラーさん↓)


クリックすると元のサイズで表示します

























いうて服も買いたくないんですがw裸じゃ
ツアーやライヴ行けないもんね(^_^;)致し方ない。


言ってしまえば朔太郎だって生活を豊かにしてくれる
家族、だから正直飼いたく無かったのですが('〜`;)

だが命ある彼に罪は無いし、先代ジョックの面影を
見て相模原のペットショップで思わず朔太郎を
レスキューしてしまった娘の心情も理解出来るので、
この点だけは止む無く妥協。



クリックすると元のサイズで表示します











































『…へ?僕のコト?』と珍しくカメラ目線の朔太郎氏。


…(;¬_¬)え?たまにオタクな二次元グッズ無駄遣い
してねえか?ですって!?…(-_-;)放っといてクレ。


2020/6/4

HARAKIRI ZOMBIE『HARAKIRI HIGHWAY』の巻  褒め殺しスタジアム

時制が俄にリアルタイムに戻りまして。

このコロナ禍の陰鬱な空気感を吹き飛ばす、
絶妙なタイミングでリリースとなりました!
地獄車、鉄カブトと云う極上のBANDで
常にラウド・シーンの良心として立ち、
トップ・ランナーとして牽引役を果たし続ける
沖縄・マサ一撃氏率いる新BAND、HARAKIRI ZOMBIE
デビュー作『HARAKIRI HIGHWAY』♪


クリックすると元のサイズで表示します

































勝負アリ。もう立ち会いから、抜刀する前の時点で
圧勝。だって『HARAKIRI HIGHWAY』ですよ?
タイトルからして奮ってる。
(このタイトルのコンセプトやジャケ写から、
 爺の古い映画知識で『レッド・サン』を彷彿としました♪


クリックすると元のサイズで表示します
























一応、マサ一撃氏の中では鉄カブト時代に標榜した
METALとは意図的に路線を変え、古来氏が愛好する
Lynyrd Skynyrd等のサザン・ロックの要素や、
Bluesのフレイバーも導入した“スラッジ・メタル”
的な縛りを意識したらしいのですが。

氏の生み出す独特の旋律の魅力と
チャーミングなリズムの魔法は今作でも不変。
メタル・カテゴリーの中でのジャンル・シフトにも
少しもブレるところがございません。

マサ一撃ファンなら随喜の涙に溺れる
珠玉のナンバーで埋め尽くされて居ります♪


“続きを読む”でもう少し細部の内容に言及させて
戴きますね♪



続きを読む

2020/6/1

ロザリンドの夕べ第九夜の5  ロザリンド戦記

2018年8月18日(日)盛岡WAVE。
ロザリンドの夕べ第九夜、祭りの後。

終演後、撤収も終えて燃え尽き、壁にもたれて眠ってしまった
セシル、withマサヤ。色々と此の日を象徴してくれてる写真。


クリックすると元のサイズで表示します











































Fill It UpのHiroさんが、イベントを凄く的確に
まとめた文章を後日facebookにUPしてくれてて嬉しかった。

嬉しかったもんだから、無断で転載w

これ読む限り、前章冒頭に記したロザリの企画意図は達成、
大成功♪盛岡の子達の魅力をちゃんと捉えてくれてます!

そんで“ロザリは丈夫”ってマトメもナイス(o^-')b


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり

2020/6/1

ロザリンドの夕べ第九夜の4  ロザリンド戦記

2019年8月18日(日)ロザリンドの夕べ第九夜!

いよいよゲストその2、cry登場であります。

ロザリンド企画の主眼は、盛岡の若い子達に
中央から与えられる情報に即した“いま売れてる”
J-RockやJ-PopのBANDだけじゃなく、色んな
音楽の活動世界が在るんだ、って視野を持って
ロザリが呼んでくるBANDを“観て”貰いたいのが第一点。

そんでもって、演ってる音楽が同じとか違うとか
みたいな、ジャンルでツルんで小さく固まるの
では無く、それぞれが“独自の持ち味”さえ在れば
上手じゃなくても、全然違うBANDとお互い認め合って
楽しく“共演出来る”んだよ〜?って知って欲しいのが
第二点。

まあ、その目的が叶うゲストを選ぶと
どうしてもエクストリームなバンドが多くなりますよねw

*なんか色んなムーブメントや流行りを幾多観て
 やり過ごして来た経験から言わせて貰えば。

 “そん時流行ってる音楽演って売れてる人達”って
 概ね狭量で他のジャンルや地方の若手に興味が無く、
 似た音楽傾向の仲間とだけツルんでツアーしてる?
 って印象が強いのね(^_^;)ほんで、長続きしない!
 流行りが終わるとどっか消えるw

 それに引き換え、エクストリームなバンドの人ほど
 偏見なく色んな音楽に耳目を開いてる♪
 んで音楽を、バンドを愛してるから
 めっちゃ活動の息が長い♪


クリックすると元のサイズで表示します

























曲がりなりにも二十年以上全国のインディーズ・バンド
観て来た結果に基づいて『コレは凄い♪』って感じた
バンドさんを御願いして、こんなメリットの無い
遠くの地方都市まで来て戴くワケだから!
(ほとんどの場合)

そりゃあ“デスメタルなんて聴いたことも観たことも
 ありません!”って子達をも惹き付けるだけのチカラが
在る人達が来てるに決まってんですよw

例えばトッパーを演ってくれたChicken Heartsの
女の子ドラマー・セシルが、イシッタ君のドラミングに
口開けて釘付けになる様に♪

してやったり。これでイベントは成功成功w


クリックすると元のサイズで表示します

























逆に演者のcry側ではイシッタ君がMCを開始。
『ホントはね、MCなんてしないんですよ!おっかない顔して
 ただ曲を連ねるの。いっつもは!でもね、こんな
 暖かい空気に囲まれたらもう、MCするしか無いのよw
 ありがとございマス!』

しめしめ、コチラ側も成功wステージ上、全員笑顔の
デスメタル・バンド完成♪


続きを読む
タグ: ROSALIND ろざり



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ