思えば、話せる両親に庇護され甘え放題の幼少期。だが、常に周囲に我儘言う側だったはずの自分が、ふと気付けば『〜して頂戴』 『〜した方がイイんぢゃないか?』『〜なんですよ、聞いて下さいよ』『〜って、どうしたら?』と誰かに何かIMPUTされてばかりの毎日! バンドの創作活動による『発信』って概念を除けば、 私人としてのOUTPUT先、ってヤツが何処にも見当たらぬ。バンド活動と云う 大我儘を貫き続ける負い目が、いつしか『滅私奉公』ってスタイルを 醸成しちまってた。大人になった、ってコトなのかも知れないケドね! でもさ、もう人生も折り返し点から随分走ったし。 気侭なOUTPUTタレ流すも一興。ブレまくってもイイぢゃないo(^-^)o 昨日と言ってるコトが違ってもイイぢゃない♪ 『Wスタな日々』で行こうぢゃないの。基本的に、ロザリンドの事も 書くけれど、小さい頃から好きな洋楽アーティストの事とか・・・ネ。

2018/11/15

MAR Y SOL POP FESTIVALの巻  70年代HARD ROCK奇譚

いやメッチャ聴いたでしょ、コレ。

凸ヤマ世代だとウッドストックやワイト島フェスだって、
知ってはいるけれど、
ちょい乗り遅れた感在って。
やっぱり“先輩達のモノ”なんだよね。

一番同時代的に直撃喰らったのって、
やっぱりこのMAR Y SOL POP FESTIVALじゃなかった?

確か中学生の頃だったと思うのだけれど。


クリックすると元のサイズで表示します

























CACTUSEL&Pに惹かれて購入したはず。
でも、実際このアルバム手にして、聴いて驚いたのは
J. Geils BandMahavishnu Orchestraだったな〜。
J. Geils Bandの『Looking for a Love』なんて、後の
彼らのオフィシャル・ライヴ・アルバムでのテイクより
遥かにハイ・テンションで圧巻だしw

Mahavishnu Orchestraは恐らくこのアルバムで初めて接して、
子供心に度肝抜かれたよね。凸ヤマ少年はマクラフリンさんの
ギターや、ヤン・ハマーさんのシンセよりも、
ビリー・コブハムさんのドラムとジェリー・グッドマンの
ヴァイオリンに驚愕しました。『( ̄□ ̄;)マジか〜!?』って。

JAZZの人達が延々続くインプロのソロからテーマに戻って来る
手腕に驚嘆したのもこの録音が初体験だった気がするなあ。




続きを読む

2018/3/29

2017年11月まで追い付いた8  70年代HARD ROCK奇譚

HERB ALPERT & THE TIJUANA BRASS
ハーブ・アルパート&ティファナ・ブラス

ようやく安くなってるCDが揃いで手に入ったよ〜♪
まあ、断じてロックではございません。

実際、当時アナログLPで持ってたアルバムは
『THE BRASS ARE COMIN'』だけ。
他はシングル数枚で聴いてたのであります。
小学校低学年でしたからね〜w

刷り込まれてますよね〜♪
色々蘇るモノがございます。


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2017/7/17

RAYMOND LOUIS KENNEDYの巻  70年代HARD ROCK奇譚

久々に珍品を手に入れたゾw
『RAYMOND LOUIS KENNEDY』
レイ・ケネディさんですよ。・・・え?ご存じない?
(写真クリックで密林飛んじゃいまっせ)



KGBってバンドでマイク・ブルームフィールドさんや
カーマイン・アピス氏と演ってた…。事務所かレーベル
主導で、無理やりマイケル・シェンカーのVocalとして
来日なさったコトも在った様な。でも、日本では八神さんの
『パープルタウン』の前半部がレイさんの曲と酷似してる、
ってな話題でご存知の方がほとんどか?

続きを読む

2017/7/12

5月ツアレポ小休止の4  70年代HARD ROCK奇譚

だるまさんと二人で
『絶対観たいね〜、でも盛岡で上映され無いね〜(≧∇≦)』
と悔しがり、DVD化を待つも、なかなか国内で製品化されなかった
コレ(海外版は出てたのですが、インタビュー中心の内容で
      字幕無いのって、辛くないですか?(^_^;))
が遂に、タワレコ限定で国内版発売〜!…(-_-;)って…

ブルーレイ・オンリーすか?w

我が家には、ブルーレイ再生機なんて無いっスw


クリックすると元のサイズで表示します











































優しい兄が変換して焼いてくれました。
なんでもサイクルが早くなった昨今、こんだけ待たされて
何かを渇望したのは、久し振りだった気が致しますw
やっと観ることが出来て感慨もひとしお。

あ、だるまさんにも早く貸してあげなくちゃ♪



2017/7/4

実は4月30日リハ終わりで  70年代HARD ROCK奇譚

最終日秘かに突撃してました、恒例のコレw
いやあこのイラスト、小学校5年生頃の凸ヤマ
そのままデスなあ。
こうしてレコード・プレイヤーの前に正座して、
Jeff Beck Groupの『監獄ロック』とGuess Whoの
『バスライダー』に幼心を奪われたっきり、今現在まで
50年も魔法に掛けられ続けてるワケですが。


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む

2017/4/19

Gino Vannelliさんの巻  70年代HARD ROCK奇譚

近年、『そのアーティストについては
     知ってるつもりでいたのだけれど、所謂代表曲とか
     大ヒット作の他に、そんな凄いのが在ったなんて( ̄□ ̄;)!!』

って、己の不勉強やら“慢心”に起因する
再発見!シリーズがポロポロ在るのですが。
The Byrdsとか、Soft Machineとか、The Beach Boysとかね。

今回のソレはGino Vannelliさんの『A Pauper In Paradise』




続きを読む

2016/12/14

俺達のOctober・Weather Report編  70年代HARD ROCK奇譚

Weather Report 『I Sing the Body Electric』




カズシゲさんからの問い掛けで、凄い久々に
思い出して。CD持ってなかったコトに気が付いた(^_^;)

このアルバムの目玉、日本公演のライヴは
壮絶な名演ですよねえ?当時、外タレの日本公演司会
として定番的存在でらした、いソノてルヲさんの
アナウンスも、時代を懐かしむに最適。

久々に聴いて懐かしかったな〜。カズシゲさん
ありがとー(≧▽≦)ゞ
ドン・ウン・ロマオのperc、セルジオ・メンデスさん
トコ居た頃から凄かったけど、ほんと猛烈w
ジャコパスとHeavy Weather『Bird Land』で爆発的に
バンドの知名度が一般浸透する以前ですが、
ミロスラフ・ビトウスのBassも悪くないよね♪

当時中学生ぐらいだった小生は、
ナゼか凄くこのジャケットが好きだったのも
思い出しました。
こう云う“なんかの拍子に埋もれてた記憶が甦る”
感じって、タイムカプセル開けるみたいですなw

裏ジャケも素敵(≧▽≦)ゞ


クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ