エレキのその後

2012/1/3 | 投稿者: yossy

過去エントリーにも書いたとおり、モーターガイド社の
アナログエレキの制御基板を量産するところまでは
出来るようになった。 
現在、アナログ用部品は品薄で、基板は作れたとして
変速モジュール、何よりもブラシカードの入手が困難である。
こちらも代用品とか、作るとか出来ないかと考えているが‥



正直、モジュールに関しては、多分作ることは可能。
MOSFETを使ってモーターを制御するところまでは出来ている。
形にしないのは理由があり、今度こそ大電流を扱う心臓部の
部品なので、生半可な気持ちで作って事故でも起きたらと
思うと、手が出しにくい。自分の船なら笑い事で済むだろうが‥

それで、近々、自分用に一台試しに組んでみようと考えている。

ブラシカードを作るとなると、想像の域を超えている。
香川にブラシ屋さんはあるんだけど、小ロットで作っては
くれないでしょうしねぇ‥


昨年はミンコタも含めて、大概の淡水用エレキを修理したり
させていただいた。おかげで故障原因はなんとなく分かる
ようになった。

一つだけ、直せど直せど変速モジュールがダメになる子がいる。
とある筋から聞いたところによると、モーターのアーマチュアコアの
エナメル線も配線焼けを起こすらしく、それを使い続けると
過電流を引き起こし、部品の熱破壊の原因になるとか‥

高価ですけど、エレキも消耗品と割り切るくらいのほうが
トーナメンターさんにはいいんでしょうね。
私はこつこつ直して使います。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ