2007/2/24

豆屋源蔵  非凡なる日常

昨日は会食で京都の木屋町に行ってきました



鴨川に縁側を出している豆腐料理のお店です
流石に、この時期は縁側でのお食事はありません



町家作りのお店で、なかなか風情があります



こう言うお店が昼間明るい時に見るよりも、少し夕方で灯りが灯り始めた頃に見るのが、趣が有って良いです



表通りからずーっと入って行くと、門がありその先に玄関があります



玄関にも灯りがあり、なぜか来る客をほっとさせてくれる演出です



靴を脱いで上がれば、京町家らしい長ぁーい廊下が鴨川に向かって奥へと続きます



お食事は約2時間半、11皿のお料理でした

このお店のカードに書いてある言葉、結構気に入りました
ちょっとよく見えないかも知れませんが....
「花ハ半開、酒ハ微酔」
ぐっときます!

京都の地酒をあおりながら、どのお料理もとても美味しく、大満足でした

あー.... すみません、会食だったんでお料理の写真は撮りませんでした m(__)m

皆さんも、機会があったら是非訪れてみて下さい

  「豆屋源蔵
  〒604-0923
  京都市中京区木屋町御池上ル
  TEL・FAX 075-253-1155

Kyoto / Feb. 2007
0



2007/2/24  22:12

投稿者:家主

■ルプレさん、こんばんは。
はい、一応仕事でしたが、気分転換にもなりま
した。是非、行ってみて下さい。良い所です
よ。

2007/2/24  22:07

投稿者:ルプレ

風情のあるお店ですね〜!
お忙しい移動のようでしたが、
この雰囲気でお食事できるなら、がんばりがいもありますね。
ぜひ、行ってみたいです〜♪

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ