2007/6/25

D60  小鉄

フィルムスキャナーを買いました
で、早速、昔のフィルムをデジタイズしてみました

これは、30年以上も前に、九州の由布院に友達と撮りに行った蒸気機関車です
フィルムが少々痛んでいますが、なんかとっても懐かしく、痛んだフィルムも雰囲気有って良い感じです
フィルムはブロニーの半切、6x4.5です(645とは思えない画質ですが...)
カメラは、コニシロクのパールII型 f3.5、所謂、蛇腹のカメラです
父親のカメラを借りて撮影に行きました

当時は、なかなかカラーフィルムが高くて、いつも白黒フィルムを使っていましたが、この時は蒸気機関車を撮りに行くと言う事で、奮発してカラーフィルムを買った覚えがあります



周りの風景もどこか昔っぽいですよね
今の由布院駅からは想像もつかない古〜い田舎の駅です



現役の生きている蒸気機関車は、現在の復活した動態保存の蒸気機関車には無い迫力があります

Yokohama / Jun. 2007
0



2007/6/25  23:27

投稿者:家主

■KAZUさん、こんばんは。
昔は、カラーフィルムは憧れでしたよね。
35mmのハーフサイズは、72枚とか撮れる奴で
すよね?友達が持っていて、羨ましかったで
す。

2007/6/25  20:15

投稿者:KAZU

仕事柄フラットスキャナを使ってフィルムスキ
ャンをしてますが、やはりフィルムスキャナの
方が手軽そうですね。
中学の修学旅行の時はフィルムを3本、カメラは35ミリのハーフカメラを持っていきましたが
この時1本だけがカラーフィルムでした。
フィルムも高かったですが、現像・プリントの
高かったこと!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ