2008/10/19

Sea-Style 初体験記  航海日誌

今日は、ボスと一緒に、ヤマハのレンタルボートマリンクラブ「Sea-Style」を初めて利用してみました

八景島シーパラダイスマリーナでボートを借りて、西に2マイル沖の「沖の根」まで行き、そこから北に向かい本牧沖から横浜航路に入り、「ベイブリッジ」を超えたら横浜港内の「タイクーン」と言う桟橋付きのレストランで昼食をとり、食後に横浜港巡りをして、更に「つばさ橋」を経て京浜港をを北上し、アクサラインの「風の塔」まで行き、後は中ノ瀬航路の西側を通って南下して八景島シーパラダイスマリーナに戻ってくる...と言う、およそ一日の航海計画を立てました

クリックすると元のサイズで表示します

朝の8時に家を出て、マリーナには9時に着きました
桟橋の一番前に係留してるのが、今日借りた船です
ヤマハの「ベルフィーノ」と言う20フィートのモータボートです

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの一階に受付があり、そこで受付をします
Sea-Styleは初めての利用だったので、約1時間程、注意事項や航行海域の説明を受けました

クリックすると元のサイズで表示します

一通りの手続きが終わると、桟橋へ移動、船の状態をスタッフと一緒にチェックします

クリックすると元のサイズで表示します

チェックが終わると書類にサインして、いざ出航
スタッフに見送られて、港を出て行きます

クリックすると元のサイズで表示します

これが家主の、記念すべきインストラクター無しでの初めての操船です
ちょっと緊張しました

と、ここまではとっても順調だったんですが....

実は、マリーナの防波堤を出た途端、外は1.5-2mの三角波、船は真っすぐ進まないし、波を越える度にバタンバタンと船底は打つし、波は思いっきり被るしで、とても初心者には大変な状況でした
ステアリングを握っている家主はまだ良いとして、助手席のボスはキャビンで踏ん張って掴まっているのいるのがやっとで、体は浮いちゃうし天井に頭はぶつけるし...

勿論、写真なんか撮ってる場合じゃなかったので、1枚もありません!!

結局、「沖の根」まで行って、今日はあきらめ引き返してきました
初心者マークの家主には、今日の風波のコンディションはちょっと難しかったみたいです

往復で4-5マイルの航海ででした

クリックすると元のサイズで表示します

同型の船がマリーナの周辺を走っていましたが、マリーナのそばでもこんな感じの海でした
激流の木の葉、の様な状態でした

今日はちょっと残念でしたが、天候ではしょうがないです
マリーナのスタッフには「勇気ある撤退」とお褒めを頂きました
海の上では、自分の技量を良くわきまえ、無理せずに... と言うのが鉄則と教科書にも書いてありました

因に、マリーナのスタッフによれば、船的にはまだ問題ない範囲、だったそうです

是非、また、リベンジクルージングに行きたいと思います

今日は、ちょっと良い経験をしました

Hakkeijima / Oct. 2008
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ