2010/6/26

ホエールウォッチ  旅行記

今回のアメリカ旅行では、ホエールウォッチに行きました
実は家主、ホエールウォッチは生まれて始めての体験です
噂では、会えるか会えないか50/50だとか聞いていたので、ちょっと心配でした

クリックすると元のサイズで表示します

ボストンのダウンタウンの桟橋「ロングワーフ」から出ているホエールウォッチは2種類あり、一つはHBC「ボストンハーバークルーズ」がやっています
色んなハーバークルーズの中にホエールウォッチも用意されています
ホエールウォッチの他に、ボストンの観光名所を海から巡るクルーズもやっています

クリックすると元のサイズで表示します

今回家主達が行ったのは、同じくロングワーフにある「ニューイングランド水族館」がやっているホエールウォッチです
水族館の横の桟橋から出発します

クリックすると元のサイズで表示します

所要は4時間で、一人40ドルでした
出発時刻は季節によって違うので、要チェックです
因に、冬はやっていません

クリックすると元のサイズで表示します

チケットは水族館の前のチケットブースで売っています
出発の15分前には集合
船は「ボイジャーIII」と言う大きなカタマランです

クリックすると元のサイズで表示します

桟橋を離れるとボストンの港内はゆっくり走って街を後にします

クリックすると元のサイズで表示します

港を出た辺りで加速して、そこから約1時間半、ひたすら海を進みます
その間は、説明ビデオを見たり、売店でスナックやビールを買って寛いだり、デッキに出て風に当ったりして気ままに過ごします

クリックすると元のサイズで表示します

正確にはわかりませんが、多分、ボストンの港を出て南東に進んで、この図の斜線の海域まで行ったんだと思います

クリックすると元のサイズで表示します

船が少し減速したので早速デッキに出てみると、もうクジラに会えました
この日は、ザトウクジラの5頭の群れに会えました
フリッジから、船のどの方向にクジラがいるとか、何をしているとか、どっちに動いているのかとか、色々解説してくれます

クリックすると元のサイズで表示します

船のすぐ近くまで寄ってきて、船の下をくぐったりもします
良くクジラの写真で見る、ヒレを上げる動作も普通に見る事ができました
ヒレを水上に出して海面をバシャバシャ叩きます
習性みたいです

クリックすると元のサイズで表示します

海面を泳いでいる時にはシッポは見えませんが、潜る時には最後にシッポが海上に現れます

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりとゆっくりと海面を漂っています

30分ぐらいグジラのそばにいました
船は微速でクジラに付かず離れず動きます

途中、何回か臭い匂いがしてきましたが、クジラのウンコだそうです
まっ、しますよね!?動物ですから...

クリックすると元のサイズで表示します

一頻りクジラを見終わったら、後はまた1時間半、ひたすら走ってボストン港に戻ります
帰りは, キャビンで居眠りして帰って来ました

クリックすると元のサイズで表示します

桟橋で船を降りて記念撮影
ホエールウォッチは始めてだったので、クジラに会えたのが幸運なのかいつもの事なのかわかりませんが、でも、取り敢えずクジラに会えて写真もいっぱい撮れて良かったです
4時間の船旅も快適でした

Boston / Jun. 2010
0



2010/6/27  10:23

投稿者:家主

■KAZUさん、こんにちは。

はい、兎に角見る事ができて良かったです。
イルカは、相模湾にもいるらしく、ヨット仲間が一緒に走った事があると
言ってましたが、イルカと一緒に船を走らすのは、とっても素敵だと思い
ます。潜水艦は、恐いですねぇ....

http://white.ap.teacup.com/burodai/

2010/6/27  10:02

投稿者:KAZU

とにもかくにも見ることができてよかったですね。

僕もホエールウォッチングには参加したことがないですが、
船旅でイルカは結構遭いましたし、クジラも一度だけ遭遇してます。
ギリシアだったかな海軍の潜水艦にも遭ってます(笑)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ