2011/8/23

救命浮環  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

来年の中間検査に向けて、沿海仕様に航行域を拡大しようと思い、少しずつ装備の増やしています
これは救命浮環

限定沿海は1つですが、沿海には2つが必要です
着々と準備を進めています

それにしても、こう言うものが家の中に有ると、ちょっと異様です(笑)

Yokohama / Aug. 2011
0



2011/8/24  9:01

投稿者:家主

■KAZUさん、こんにちは。

基本的には、遠くまで行くためには、安全装備をどんどん増やさなくちゃいけないようになっています。近海や遠洋という仕様にするためには、イパーブという海に落とすと自動的に遭難信号を発信するブイや、ライフラフトという海に落とすと自動的に膨らんでゴムボートの様なテントになって非常食などを装備した物を装備しなくてはいけません。前者は30万円、後者は50万円ぐらいします。簡単に言うと、助けに行けるまで生きていられる装備、ということなんでしょうね。

2011/8/24  8:54

投稿者:KAZU

おはようございます。

仕様や規程が様々あるんでしょうね。
奥が深そう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ