2012/7/29

蚊取りキャンドル  非凡なる日常

クリックすると元のサイズで表示します

うちにキャンプで使った「蚊取りキャンドル」がいくつか有るのですが、どれも新が短くなってしまっていて、すぐ消えてしまいます
そもそも、この手の製品は、中のロウの量と芯のバランスが全然駄目だと思います

なので、手作りキャンドル用の芯を買って来て、芯の交換をしました
丁度近所のヨーカドーで夏休み工作用のキャンドルの芯を売っていたので、それを買ってきました
一つ100円少々

ガス台でキャンドルをゆっくり温めて溶かして、古い芯やゴミを取り除いて、新しい芯に交換します
芯は中に落ちない様に、上から吊るしてゆっくり冷やしていきます

クリックすると元のサイズで表示します

芯は2つ買って来て、余った芯を切って、それも使って4つの芯をメンテしました
なかなか上手くできました

次の出番が楽しみです

Yokohama / Jul. 2012
1



2012/7/30  13:48

投稿者:家主

■Sa(おるき)さん、こんにちは。

ガス台は、細火にして、ペンチで掴んだ容器を近付けたたり離したり、根気良く溶かしました。アロマじゃなくて蚊取りですが、少〜しキャンドル職人気分でした(笑)。

2012/7/30  13:42

投稿者:家主

■ウーママさん、こんにちは。

はい、そんなに煙くないし、良い感じです。

今年はもう出番は無いかな?!ヨットでは、主にローズの蚊取り線香焚いています(笑)。

2012/7/30  13:08

投稿者:Sa(おるき)

アロマキャンドル作る時と同じ要領ですね^^

なんでも「セットもん」が楽です
無駄なことに時間使わなくていいし

アロマテラピーのタイトル保持者ですので
うちにはキャンドルを溶かす炉もあるっすよ
わかってたら貸したのに〜(要らないですよね)

2012/7/30  12:00

投稿者:ウーママ

蚊取り線香より素敵ですよ!

出番の写真も待っていますね〜〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ