2013/3/20

PENTAX SPFの分解と整備 その7  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ 巻き上げ軸とパトローネ室の裏蓋 ■■■■■

クリックすると元のサイズで表示します

巻き上げ機構の部品を取り外すと、巻き上げ軸だけがカメラに残ります
この軸は、軸の溝にバネがかかる事によって止まっていますが、巻き上げクランクを外した時についでに外す事もできますし、上から更に押し込むと中に落ちて外れてしまいます

【注意】
裏蓋は軸を引き上げてロックを解除して開ける機構なのですが、巻き上げ軸がない状態で裏蓋をしめてしまうと、裏蓋を開ける事ができなくなってしまいます

クリックすると元のサイズで表示します

間違えて軸を落し込んでしまった時や、軸が無いのにうかつに裏蓋を締めてしまったときの為に、パトレーネ室の底の窓を外しておくのが安心です
ここが開いていれば、ここから太めのドライバーで軸受け辺りを突っつけば、裏蓋は開きます

クリックすると元のサイズで表示します

外した部品

クリックすると元のサイズで表示します

外したところ
この穴から、太い+ドライバーで突っつきます

これで安心!

Yokohama / Mar. 2013
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ