2013/3/20

PENTAX SPFの分解と整備 その8  カメラ小僧

【注意】
この記事は、皆さまに分解をお奨めしているものではありません。また、カメラは精密機器で、誰でも簡単に分解できるものではありません。分解に関してはあくまでも自己責任でお願いします。記事は、分解/組み立てを保証するものではありませんし、カメラの中古業界では素人によって分解されたカメラは機器のコンディションに関わらず「ジャンク」と言う扱いになる様です。

順次、分解整備の状況をブログにアップしていきます。左のサイドメニューの検索で「このブログを検索」にチェックを入れて「SPFの分解と整備」で検索してもらえると、過去記事を含めて検索できると思います。

---- ---- ---- ---- ---- ---- ----

■■■■■ ペンタプリズムの取り外し ■■■■■

いよいよ、プリズムを下ろします

クリックすると元のサイズで表示します

軍艦が取れたカメラはこんな感じ
分解してるって実感が湧きます(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ペンタプリズムは、プリスムの上にカバーが付いていて、それを金属の部品で両側からバネで引っ張って固定されています
まず、両側のバネを外します
バネは、ファインダーのフレームに引っかかっていますが、作業はプリズム側の三角の部分を外した方が楽です
片側が外れれば、もう片側は楽に取り外す事ができます

バネが取れれば、金属の部品とカバーが外せます

クリックすると元のサイズで表示します

更にプリズムはファインダーの両側から芋ネジで固定されています
芋ネジは外し切ってしまうと後ではめるのが大変なので、緩めるだけにしておきます
それで十分プリズムは外せます

クリックすると元のサイズで表示します

逆側の芋ネジも外します

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで外すと、プリズムはスポット取れます

クリックすると元のサイズで表示します

左から、バネ、金属の部品、バネ、カバー、プリズム

クリックすると元のサイズで表示します

これがプリブム周りの部品です

右から、上から付いていた順番です

Yokohama / Mar. 2013
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ