2015/8/17

ガーミンオレゴン300修理  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

長年使ってきたハンディーGPSのガーミン オレゴン300

ヘビーデューティー?に耐えきれず、ついに壊れてしまいました
スイッチのところのゴムが破けてしまいました

修理ができるかもと問い合わせしてみたのですが、あいにく部品がなくなって修理は終了
新しくガーミンを買うことにしたのですが、何とかこれも直せないか頑張ってみました
ちなみに、新しいガーミンは、オレゴン600にしました

壊れているのはスイッチのゴムだけで、動作は全く問題ないので、捨てるには勿体なさすぎます

クリックすると元のサイズで表示します

まず、スイッチはガーミンの表面に対して5mmほど奥にあるので、円筒形の部品を作ります
ホームセンターで、スポンジやゴムの板材をいろいろ見たのですが、その中で「クロロプレンゴム」というのが良さそうだったので、5mm厚のものを買ってきて、部品を作りました

クリックすると元のサイズで表示します

自転車のパンク修理のパッチゴムも買ってきて、円筒形のクロロプレンゴムに貼って、スイッチの高さを微調整します

クリックすると元のサイズで表示します

その円筒形の部品を、ガーミンの穴に差し込んれ、本体とツラを合わせました
さらにこの上からパッチゴムを貼って、簡易防水

万が一水が入ると、特に塩水が入ると電子機器は完全におじゃんになっちゃうので、実際にはこの状態でアクアパックに入れて使うようにします

クリックすると元のサイズで表示します

復旧したガーミンは、奥様用にして、バックアップで持っていてもらうようにしようと思います

Yokohama / Aug. 2015
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ