2010/3/11

卒業 その一  親育て

中学生の娘の卒業式でした。
学校行事では雨が多かったのですが、今日はとてもいい天気でした。
体育館の壇上にスクリーンがあり、始まる前にいままでの写真を写したり、卒業証書授与の様子を、校長先生の後ろから撮影して写したり、工夫してくださっていました。
親から子どもに手紙を書いておりまして、その返事を式の前に受け取り、その時点で涙腺が緩みがちに。
『巣立ちの詩』という卒業生の代表がいままでの学校生活ことや、感謝の気持ちを語ったり、全員での唱和。その後、在校生との合唱。
『仰げば尊し』ではなく、文化祭などで聴きなれた、自分たちの言葉に近い合唱曲だったので、気持ちが伝わってとても感動しました。
斜め前に座ったクラスの女の子たちが、号泣していたのもあり、涙が止まりませんでした。
中学の卒業式は、親も子育て卒業という感じがします。
子離をちゃんとしなくては。
0



2010/3/18  19:23

投稿者:やす

ありがとうございます。
中学の3年間は早かったです。
そして、明日は息子の小学校の卒業式。
ほんと子どもの成長は早いわ。

2010/3/17  23:05

投稿者:ゼブラ

卒業おめでとうございます。
子どもの成長は、早いですね。

この時期に成ると、息子の幼稚園の卒園を思い出す私です。

http://blog.goo.ne.jp/bouken550/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ