2010/8/8

いいだにいってきました その4  観劇報告

早いもので最後の日。

昨日お手伝いいただいた竹田人形座竹の子会の公演を観に麻績の館に。
その前に地元の坐光寺小学校のおみっこ座の公演がありました。


クリックすると元のサイズで表示します

公演の感想は「続きを読む」をクリックしてください。

麻績の館の前では、やきそばなど地元の方々が露天をだして、かき氷にたこ焼きなど食べてきました。
うれしいことに、昨日のきゃべつ村の公演を見てくれた方が声をかけてくださいました。

毎年よるおみやげ屋さんにより、たっぷりおみやげを買って飯田をあとにしました。

途中までは渋滞もなかったのですが、1000円だからでしょうかね、合計で20k近く渋滞にはまってしまいました。
ま、東京方面とこちら方面に分かれるジャンクションの後は、すいすいでしたけど。







おみっこ座は小学校3年生の1組がさくら座、2組が光座。
残念ながら、さくら座は途中からしか見られなかったのですが、いろいろな動物の丁寧に作られた人形がたくさんでてきました。
光座の『さんまいのおふだ』はおなじみの作品ですが、飯田の方言でのセリフやオリジナルの登場人物など工夫がたくさんされていました。
やまんばと和尚さんの知恵比べのときは、障子に影絵のようにシルエットが映り、やまんばがとらに姿を変え、だんだんと大きくなる表現がよかった。
自分たちの公演が終了し、竹田人形座の公演までの10分間にすばやく片付けをする48名。分担が決まっているのでしょうか、ムダのない動きでした。

竹田人形座竹の子会は、竹田扇之助先生が師匠なんだそうです。
『すずめ百まで』『くわん くわん』『都獅子』
人形はどれも丁寧に作り上げてあり、さすがお膝元といった感じです。
どちらのお話も昔話風で、ちゃんと笑いもありまして、みていてあきませんでした。
都獅子は、すばらしい動きでした。
3時から『引き抜き』『骨寄せ』の公演予定があったのですが、帰りの体力を残しておかなくてはならないので、残念ながら今回はあきらめました。


クリックすると元のサイズで表示します

いいだのゆるキャラ「ぽお」です。

クリックすると元のサイズで表示します


0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ