2019/8/10

いいだにいってきました2019その4  観劇報告

美術館を出て、さあて、パレードへ!
と、思ったら雲行きがアヤシイ。
「これは絶対降る!!しかもスゴいのが!」と思って、
腹ごしらえも雨宿りもできるセントラルパークに向かっていたのですが、
あとちょっとのところで土砂降りに。
「わーん!車の窓、ちょっと開けてきちゃったよ・・・」
と思いながら15分くらい店先で雨宿り。(ちなみに車の中は無事でした。)

市民会館に行くと「パレードは中止です」
そりゃあねえ、そうよね。
持て余した劇人さんが、大きなカエルの人形を持ってぽつんと立っていました。
来年は雨が降りませんように。

そして急いでセントラルパークでご飯(ソーセージ)を買って、
また、夜のサロン開店と同時にカップ麺をゲットし、
みのむしさんへ。
大好きな「ドクロ屋敷」シリーズの5話と7話でした!
探し物はなんですか〜♪♪見つけにくいものですか〜♪
推しの枡形とおるくん、意外と繊細な動きなんですよね、
(鼻をほじって鼻くそを食べさせる)
クリックすると元のサイズで表示します

クララちゃんも好きです。
「おじいさま、もう寝ましょ」って冷静に諭すところとか。
クリックすると元のサイズで表示します

JIJOさんの消しゴムハンコも見られました!
わーい!
手帳にも押しちゃいました!わーいわーい!
クリックすると元のサイズで表示します

そして、シークレット公演を途中から見に行きました。
演じ手も観客もどんどん酔っ払っていきますから、楽しいですよね。笑
思えば、土曜の夜はシークレットという流れになったのも、
もう何年も前のことですね・・・
いつぞやの年は、母から1000円札を二枚握らされて、
「セントラルパークでご飯を食べてきなさい」と言われ、
弟と二人で夜のまちを彷徨い・・・
(こう書くとネグレクトみたいですけど、ほんとにいいだの土曜の夜だけですからね、こんなこと)
子供のころは、「夜」って特別なんですよね。たのしい冒険でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、いつもお世話になっているお寺の駐車場の優しいおいちゃんとお話して、
ゆーみんで日帰り入浴して、帰路につきました。

大人になってから参加すると、やっぱり「運営するのって大変なんだろうな」と
わかることがたくさんありました。
お金や、時間や、人、気遣い、などなど。
たくさんの人が関わっているから、一つの催し物ができる。
それを毎年継続してやる。
それってすごいなって、わかりました。

そして今回、たくさんの人に
「お父さんは?」「ひとりできたの?」「大きくなったねえ」と言われました。笑
父の顔の広さ(物理的面積のことではない)と、自分はこれだけの人に小さい頃のことを覚えられているんだなあと
ちょっと不思議な感じがしました。
元気にやっております。ご安心ください。

来年もいけるかな。

おしまい
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ