蟻が10ooo!

ありんこマニアック! アリんこバーニング!

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:土生
カラフトの艶はムネアカと同じで、全身が真っ黒ですから
クロオオは並べて見比べなくても一目瞭然で違いがわかりますよ。
ただ、全身が黒化したムネアカと比べると間違えやすいかもね。
写真の元記事は2005/8/15にあります。

あ、それから、関節ではなく節ですね。
投稿者:あさがお。
おお、土生さん、写真ありがとうございます。
これだけアップになれば全然違いますね。
ありがとうございます。
肉眼ではなかなか見分けは難しいかな。
黒いムネアカと見分けが難しそうですね。
クロオオはつや消しブラック、毛が生えている。
カラフトは腹部第一関節(関節?)が角張っていますね。
時期外れのクロオオ持って来れば良かった。
体力を付けてあげればよかった。後悔。
投稿者:土生
そういう個体はムネアカでもいますね。
何かの事情で再出発というところでしょうが
一度失敗した個体は、次の子育てをする体力に乏しく
まず上手くいきません。
投稿者:いるまえかわ
埼玉平地にはいませんね。
季節はずれに女王が歩いているときがありますが
いったん潜ったものの、だめになって別の場所をさがしているものと思われます。まず、腹部がやせていますね。
投稿者:土生
カラフトクロオオアリは、本州だと亜高山帯に分布しているアリなので
標高1800mほどの場所に行かないと棲息していません。
また、亜高山帯ならどこにでもいるというわけではなく、棲息地は点在しています。
下のURLはカラフトとクロオオの女王腹部の比較写真です。
ご参考にどうぞ。
http://white.ap.teacup.com/camponotus/img/1124064562.jpg
左がカラフトクロオオアリで、右がクロオオアリです。
投稿者:あさがお。
あ。すいません、アリ知識ノートにカラフト女王の情報がありました。大きさは同じくらいで艶があるんですね。
昨日見たのはカラフトじゃないよなあ。
投稿者:あさがお。
赤いオオアリは今後が楽しみですね。
カラフト女王って写真で見るとクロオオ女王と同じように見えるんですが、ドコが違うんですか?大きさも違うんですか?
昨日、時期外れに見たクロオオ女王は実はカラフト?標高低いしそんな訳ないだろうなあ。
投稿者:土生
あ、忘れてた(笑)

今回採集した脱翅雌たち、触角や肢の先などが欠損している個体が多かったですね。
営巣地の優先権を争った感じです。
傾向として、我々が手を出せないような、しっかりした切り株や倒木に潜った個体は無傷なものが多く
採集しやすい朽木に潜っていた個体は欠損部分がありました。
このことから、本来は堅い材を好んで営巣するが、競争にあぶれた個体が仕方なく朽木に潜っていた・・と推測してみました。
対して、ムネアカは無傷な個体ばかり。
面白い現象だと思いません?
投稿者:あべ
逆立ちした?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ