蟻が10ooo!

ありんこマニアック! アリんこバーニング!

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:いるまえかわ
t2kaさん
以前案内したシワクシケアリの営巣地でも複数の女王が
7月に歩いていたことがありましたよ。
新天地を探すには密集地で無理かと思いますが、
密集地の周辺では有効なのかもしれません。
投稿者:土生
多雌で営巣するアリの種類を問わずそういう行動があるわけではなさそうですが
この種の場合は当てはまりそうですね。
投稿者:t2ka息子
そのような可能性が高いです。レイ・ノースの「アリと人間」の本を丁度読んだばかりでした。なんでも、新女王が集まってワーカーが誕生するころになると、位が高い女王が女王になり、後の女王は外勤アリなどになるそうです。
投稿者:土生
もともと多雌で生活していて、何かの事情で巣から追い出されたor家出したのか
多雌だが産卵する女王以外はワーカーと同じ行動をとるため、採餌しているのか
答えはぜんぜん別のところにあるのか・・・。
とにかく謎の行動ですよね。
そういえば7/12のシワクシケアリの写真にも腹部の大きい女王と小さい女王が写っています。
投稿者:スラダケ
羽アリは羽化していないはずなのに
脱翅雌が歩いている例を2回見ました。
腹部が小さく、よく考えてみれば新女王ではないかも。
なんでしょうねぇ。

http://aridaisuki.net/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ