蟻が10ooo!

ありんこマニアック! アリんこバーニング!

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:けωた
今年はサムライアリのオスを見ることができなかったので、来年がとても楽しみです
来年までもってくれることを願うだけです
投稿者:土生
それは良かったですね。
今後の楽しみになるでしょう。
7月の飛行時期にオスを見てください。
黒い体と白い脚がとても綺麗です。
投稿者:けωた
書き忘れですが、サムライアリの奴隷狩りを始めて見ました
繭やサナギをもって道を横断してました
巣のありかを見つけられたので、これから観察できそうです
投稿者:けωた
来年1メートルに無事達したら、次は2メートルかな・・・身長超えちゃうや
地上での1メートルはたいしたことないですが、地中となると格が違いますよね
砂住トビケ女王は今のところ単独なので、ちょっと心配でもあります
このトビケコロニーが順調に育っていけば、もうちょっと増築しようかなと思ってます
もう知ってるかもしれないですが、無事にアズマオオズ女王の採取に成功しました!いろいろありがとうございました
時期的には、次はキイシゲかな〜なん思っています
投稿者:土生
土を使った蟻巣でも、コロニーが健康であるなら、滅多にカビませんよ。
アリ自身が抗カビ抗菌物質を分泌するようですし。
クロナガは場所によっては地下4mにも達する巣を掘るそうです。
私の蟻巣はたった1mですから、来年には底まで届いてしまうでしょうね。
投稿者:けωた
巣の作り方はランダムだと思っていました
最終的には何メートルも下に掘るんですよね・・・たしか

土生さんの作った円筒蟻巣とは程遠いですが、自分なりに作ったものにトビケ女王をいれて、今観察しています
アリ伝説の容器に殺菌済みの砂をいれて飼育しています
今のところはカビもはえてなく、女王も元気なので順調です
投稿者:土生
これはクロナガですが、他のアリでも同じような掘らせる蟻巣で飼育すると
種によって巣の作り方が違って興味深いですよ。
アリ飼育の楽しみは、子育てばかりではなく、こうした巣の観察もとても楽しいです。
ぜひチャレンジしてみてください。
投稿者:けωた
立派な巣!!
これからワーカーが増えてくるともっと巣の拡大するスピード上がっていくんですよね
巣をみて土中のコロニー採集がどれほど難しいか分かります
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ