2011/7/5

菅直人と脱原発  つぶやき

 松本龍復興担当相の言動は大臣とは思えないひどい言葉遣いと態度。こんな時期に難しいポストを任命されて、ただ売名目的のみで真剣にやる気がなかったのだろうと憶測してしまう。もっとも暴言であっという間に辞任してしまう政治家なんか珍しくない。それに比べて、責任取れと周り中から騒がれても自分の信念で突き進む菅直人首相は政治家にしては骨があると単純に思う。
 脱原発,自然エネルギーへ大きく舵切りができるとしたら、今は泥をかぶっても菅直人はきっとあとで讃えられる。首相の椅子にしがみつき居座り続ける菅直人・・・とか書くメディアの方が信用できない。原発推進派に買われているのではないだろうか?と疑う。
 ミスは許されず完璧で当たり前の首相をカンタンにやめず、たまたま首相だった責任を背負ってとにかく進んでいる。リーダーシップがないとか顔が暗いとか言われて政治家的にはイマイチなのかもしれない、カリスマ性もないのかもしれない。けど、やめれば責任とれると思っている政治家に比べ、その姿勢は評価に値すると思う。
 数々の敵と難局が首相を育てた、という歴史になることを願う。
 


「楽食絵日記365日」
毎日描く毎日の食事はこちら

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ