2012/2/9

スケッチ教室なのか?お菓子教室なのか?  カルチャーセンター

三ツ境カルチャーセンターの透明水彩教室
今月のテーマは『チョコレート』
描いてみるとわかりますが、チョコレートの色はすんごく濃い茶色なのです。
絵具を水で薄めてしまうとチョコレートっぽい色をなかなか作れません。
水を少なめに濃い茶色を作り、
さらにブラックで濃い深い色を作ります。

ちょこっと赤みがあるとチョコレートらしさが出るので
オペラやインディアンレッドなどを重ね塗りします。

チョコレートのつやを表現するには、ハイライトを白く塗り残したり
明るい部分を薄い色で描いたりも必要です。

チョコレートのお菓子と言ってもいろいろありますね、
チョコレートクッキーやチョコレートの生地など質感も
よ〜く観察してかき分けましょう。
食べたい一心で集中して描くとすてきな作品が出来ますよ。

それでは生徒さんの力作を紹介します。
絵だけでなくお菓子も手作りというものもあります。
すばらしいですね〜〜〜

写真は蛍光灯で青かぶりしちゃってますが
原画の方はよい色が出ているのですよ。


チョコレートは描いても食べても刺激的な品です。
レッツチャレンジ!!






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します







「楽食絵日記365日」
毎日描く毎日の食事はこちら

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ