プロレス爆裂地帯!!

この路地裏のプロレスブログ、天国の竹内宏介さんに届け!

 
長い間ありがとうございました。

カレンダー

2019年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

掲示板

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マティマティコ
第1回NWAタッグリーグ戦では「馬場」との凹凸コンビで善戦したと思います!…優勝候補の「ラッド・ジョンソン組」にも1勝してますから!!…馬場がイマイチ乗り気では無かったらしいですが?…私は大好きなシリーズでした!
投稿者:勇
ミツ・ヒライは田吾作スタイルの時から結構テレビに登場しましたね。人気あったのかな?キラー・オースチンの、あの独特の足殺しも実に執ようでしたね。
投稿者:梅田小学校
猪木と星野が優勝した第一回NWAタッグリーグ戦の際、G馬場さんと組んで出場。
手足の様に動いた星野と組んだ猪木に比べ非力のヒライに泣いたG馬場とは、当時のスポーツ誌のコメント。
でもヒライとキラー・オースチンの45分3本勝負は名試合でした。
投稿者:勇
おはようございます。

たしかにマシオ駒選手とミツヒライ選手は似ている雰囲気があるかも知れませんね。前面に出るわけじゃないけど、脇を固める貴重な存在でしたね。

小鉄選手は解説をやるようになって結構メジャーになりましたよね。今でも厳しくて規則正しく、頑固なイメージが良いですね。今でもトレーニングやっていそうですね。
投稿者:hiro
私、ミツ・ヒライ選手とマシオ・駒選手を
今だ、混同しております(汗
どちらも、馬場さんの懐刀的存在でしたし。

新日でいえば、山本小鉄のような存在でしたね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ