Bridge

Searching For The New Language


 
◎FSファンの方はOFS・HPとともに、VJ・POLのブログコタルボメルマガを是非宜しく!(^^)

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

自由項目

楽音舎
楽しく音楽!
信頼できる店長のお店
ぜひ一度お店のHP,覗いてみてください。

ほぼ日刊オフス新聞

自由項目3

Face Book

自由項目2

MySpace Japan

RSS取り込み2

RSS取り込み1

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アートケーブル
いや、本当に今でももちろん気になる人物の筆頭のひとりなのですが、コステロにはもう少し苦味のあるバラードを歌って欲しいんですよね。
「She」や「Smile」(こちらは「モダン・タイムス」挿入曲ですけど)は昔を知る人間には糖分多すぎの気が。
そこから入った今の若い人は初期のコステロを聞いたら結構驚くのでは?逆に新鮮に感じてくれたらいいですけども。

Jonny Cashは逆に安いベスト盤の初期の曲が何だか好きで。「Hey Porter」などといった曲をかなり気に入っています。かけがえのない声ですね。

J、いいですよね。昔からのくせのあるポップメロ&サウンドにエモーショナルになっていくボーカルの重なり。ロックンローラー、コステロの進化形を見せてくれた気がしました。その後のコステロのロックンロールソングを知らないので、ここまでの段階で、という限定つきなのですが。

投稿者:acorns
>もはや追いつけないほどのバラエティさ

まったく...。

>「She」や「スマイル」のような、過剰に思える作品

なんというか...残念ながら伝わってきません...。

@BJ好きです。
imperial bedroomにもかなり愛着を感じます。素が出ているようで興味深いですし。

Johnny Cashは今までちゃんと聞いたことないんですが、遺作はよいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ