Bridge

Searching For The New Language


 
◎FSファンの方はOFS・HPとともに、VJ・POLのブログコタルボメルマガを是非宜しく!(^^)

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

自由項目

楽音舎
楽しく音楽!
信頼できる店長のお店
ぜひ一度お店のHP,覗いてみてください。

ほぼ日刊オフス新聞

自由項目3

Face Book

自由項目2

MySpace Japan

RSS取り込み2

RSS取り込み1

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:アートケーブル
3人の息のあったプレイはお見事!のひと事でしたね。

1曲の中にとても叙情的なところと、ダンスミュージックの部分とが一体化している編曲もすごいと思いました。

例えばケルテック系のダンスはこんな感じなのかな?とか思ったり。映画「歌追い人」より。8分くらいからダンスパーティのシーンがあります。(アメリカの入植山人たちの生活を追う映画であります)。
http://www.youtube.com/watch?v=x25doIJA8kM&feature=related

acornsさん、もしも余力があればマーティン・ヘイズさんらのコンサートも行かれてみたらいかがでしょう?生演奏のようですし、同系列でもまた違った味わいがあるのではないかと思います。

経済的余力があればぜひ見に行きたいのですが、現在かなわず残念です。

いずれにしても、本場のケルトミュージックに触れて最高でしたし、ロックにもエネルギッシュさでしたね。少し立って見られる場面もあれば、なお最高でしたが。

http://white.ap.teacup.com/dexys/
投稿者:acorns
いやぁ〜、あんな楽しいライブはもう二度とないような気がします。
ぱっと見地味な三人組みですがもうそれぞれがすごいプレイヤーでした。
会場が満席だったのもよかった。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ