文学よもやま

1000年前も、そして今も人は喜び、悲しみに生きている。そんな思いがいつしか文学と言われるようになりました。ご意見よろしくどうぞ。

 

プロフィール


現在、東北大学「日本思想史学会」、「東海大学文明学会」所属。文学修士
はじめに

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のトラックバック

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:cheap dior
ええ、私はビューの家主のユニークな点を賞賛するが、この資料では、非常に包括的でかなりの分析で、http://www.dboe-for.com大きく私を受けています。加えて、私はその一部を共有したいは、驚くことではあなたがそれをスキャンする場合のブログの記事、コンテンツその他のも非常に良いです!

http://www.dior-store.com
投稿者:cheap dior
ええ、私はビューの家主のユニークな点を賞賛するが、この資料では、非常に包括的でかなりの分析で、http://www.dboe-for.com大きく私を受けています。加えて、私はその一部を共有したいは、驚くことではあなたがそれをスキャンする場合のブログの記事、コンテンツその他のも非常に良いです!

http://www.dior-store.com
投稿者:たっくん
“人生の旅路”で、ふっと立ち止まって思うことってありますね。喜び、悲しみ、笑い、泣いて、その道程でどう生きて何を求めていくのか。万物流転の中での無常、その先に一条の光を求めて誰しも歩んでいくのでしょうか。

 道なき道を・・・ ただ、常にいつも現在そして今だと思います。

http://white.ap.teacup.com/etakkun/
投稿者:真珠
高校生の時に読んだ時には,リズムに惹かれ
入試の古文のためではなくバルザックの人間喜劇のような感覚で 若さ故の ある大人の人生の悲哀を
感じて読んだ。
今 私が半世紀近く生きて そうねぇ と共感の気持ちで読んでいる。
人間って不思議な生き物だ
みんな 私の様に心の中で何か考えながら
感じながら生きてるのに外から見えない
その脳の中で 何を考え呼吸してるのだろう
そう 想いながら 周囲の人を眺めてみる。
それまでの人生の旅路でどう思って振り返り
この瞬間を過ごしてるのだろう・・
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ