2006/12/26

『生命-いのち』作品解説  作品解説
クリックすると元のサイズで表示します
1999年9月21日午前1時47分
台湾中部をM7.3の地震が襲った
山崩れで家の位置、
家族の行方の分からなくなった"7人"は途方にくれる
しかし時間は、彼らに「かつての平穏」にとどまる事を許さず、
それぞれ震災以前とは違う新しい人生を選択させる...


生命(いのち)-希望の贈り物 Gift of Life
 台湾/2003/北京語、台湾語/カラー/ビデオ/148分
 監督:呉乙峰(ウー・イフォン) Wu Yii-feng

 子供2人を妻の母に預け日本に出稼ぎにきていて
 母と子供を亡くした夫婦
 仕事に出ていて幼い次女をなくした兄夫婦
 就学のため家族と離れて街へ出ていた姉妹
 警察官の兄以外の家族全員を亡くした少女
 1999年9月21日台湾大震災による山崩れで、
 彼らは家族を一瞬にして亡くしました。
 地形が変わり家の位置がわからず
 家族の行方(遺体)を探すことさえ出来ず
 途方に暮れる4家族7人。
 考え想いだすのは亡くなった家族の事ばかり、
 やがて軍の捜索も打ち切られ家族が見つからない者も、
 それぞれ自分の生活する場へ戻っていく。
 そして7人全員が震災前とは違う新しい生活へと歩き出します。
 監督は、信頼関係を気づきながら喪失感にとらわれる7人が
 再生に向かう姿を真剣に見つめ、
 画面を通してその姿勢が見るものに伝わってきます。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ