2006/5/31

■山ドキュ in 大阪 Vol.1 作品解説  作品解説
<プログラム1>
山形国際ドキュメンタリー映画祭2003(YIDFF2003)
優秀賞受賞作品
『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』
S21, the Khmer Rouge Killing Machine
フランス/2002/カンボジア語/カラー/ビデオ/101分
監督、脚本:リティー・パニュ
撮影:プラム・メサール、リティー・パニュ
編集:マリ=クリスティーヌ・ルージェリー、イザベル・ルディー
録音:シア・ヴィサール 音楽:マーク・マーデル
製作:カティ・クト− 製作会社:INA、Arte France
提供:INA 配給:MK2
クリックすると元のサイズで表示します
かつての政治犯収容所「S21」。
クメール・ルージュの大虐殺による加害者と被害者をその場所に集め、
非人間的で過酷な日々を再現していく。
証言で明らかになる真実の数々、
対峙する2人のやりとりの迫真性が25年という時を越える。
カンボジア生まれである監督の、故国への想いが静かに脈打つ。
(YIDFF2003公式カタログより抜粋)

--------------------
<プログラム2>
山形国際ドキュメンタリー映画祭2005(YIDFF2005)
ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)受賞作品
『水没の前に』
Before the Flood
中国/2004/北京語/カラー/ビデオ/143分
監督・編集:リ・イーファン、イェン・ユィ
撮影 :イェン・ユィ
録音:リ・ズ
制作・提供: リ・イーファン
クリックすると元のサイズで表示します
2009年完成予定の世界最大の三峡ダム。
何百、何千の人々が住居を失い、多くの町が貯水の水位下に沈む。
そのひとつ詩人李白で有名な四川省奉節(フォンジエ)の町に
カメラは目を向ける。
貯水間近な2002年1月から、住民最大の関心事である移転問題を軸に、
先の生活の不安を抱えた人々の葛藤と逞しさを、
次第に移住に向けて動き出す町の情景と共に描きだす。
一つの時代の変遷を鋭く捉え、
これから編まれてゆく時の流れを予感させる見事な余韻。
(YIDFF2005公式カタログより抜粋)
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ