2008/2/26

焼きが回ったか?  
トコロテンの譬喩は難解である。何を言わんとしているのか見えてこないが、ともかく顕正会から大量の会員が流出しているのは事実であろう。それがトコロテンの押し出される様子に似ているとでも言うのだろうか?
しかし、最近の若い人には実感できない話だろう。今やトコロテンは、その大半がパック詰めされた出来合いのものだからである。もしかしたら、わたくしもテレビか何かでしか見たことがないかもしれない。細長い箱状の筒があって、そこに寒天のかたまりを入れるのである。片側は網目状の針金が張ってあって、もう片方から筒の内径に合わせた棒状のものを押し込むと、網目の隙間からニュルニュルと寒天が押し出されてくる。それがトコロテンである。
顕正新聞の例のコラムにも、寒天のことが話題に上がったことがあったと思う。ようは身体にいいのだろう。

さて、今日は顕正新聞第1093号の三面に出ている記事である。

 先生が「第二の五十年は大罰顕われる時代」と断言されたその瞬間から、誰の目にもはっきりとわかるほどその様相は色濃くなり

あまり長い引用だと読んでもらえない可能性があるので、必要なところだけにしぼった。これは第二婦人部長の発言であるが、すごいことを言うものである。

先生が断言されたその瞬間から・・・

さすがに瞬間は言い過ぎだろう。絶句である。もはや何も書く気がしない。

ところで、総合女子部長の記事には次のごとくある。

諸天の働きの凄さを実感すると共に、先生の宗門諫暁・一国諫暁はすでに始まっていることが胸に迫り、

先生の諫暁はすでに始まっている・・・

よくわからないが、第二婦人部長の話と重ね合わせると、何となくわかるような気がする。ようするに、浅井先生の発言が諸天を動かしているのだと、そのように言いたいのではないかと思う。いちおう、総合女子部長の文章では「大聖人様が諸天をして」云々と書いているし、第二婦人部長の文章でも「日蓮によりて日本国の有無はあるべし」の御文を引いてはいるのだが、結局のところ、浅井先生が諫暁の戦いを起こすことによって諸天が動くという文脈になっているように感じられるのだ。そうすると、大聖人の立場はどうなるのか・・・意地悪く解釈すれば、浅井先生と諸天の間に位置する仲介役みたいなことになりそうである。

もちろん、意地悪な解釈である。しかし、誤解を招きやすい微妙な表現であることを、最高幹部の面々は自覚しないといけないだろう。それとも意識的にやっているのだろうか?

さて、もう一つ、総合女子部長の文章から、

謗法・不信の輩が戒壇の大御本尊様を「至近距離から正面写真を撮った」という犀角独歩の発言に、

はっきり言って、ヘンな文章である。詳細は省くが、おそらく誰が読んでも違和感があるのでは、と思う。

総合女子部長もそろそろ引退か?

2008/2/27  7:07

投稿者:沖浦克治
 法主が祈って諸天が守らないと言う事は、邪教なんです。

 私は何度も演出家と文化祭を野外でやりました。
 ある時離島(隠岐の島)で、フェスティバルをやった時、台風が九州に迫っていました。
 会館で演出家が、お題目で台風をやっつけよう。と、宣言し、全員で唱題いたしました。
 台風は来ず、フェスティバルは大成功でした。

 何度もこう言う体験をしました。
 天候はね、真剣な祈りで支配できるのですよ。

 雨の文化際、あれは負けたのです。
 主催者の祈りがよわかった。
 その負けを、出演者の祈りであそこまで押し返しました。

 祈りとはね、そう言うものなんですよ。

 高々、晴天すら実現できない法主。
 失格ですよ。

 前回も警告致しましたが、日蓮正宗の信徒の皆様方は、集会に参加する事でこの悲惨な災害を起こす共犯になっている事に気付くべきです。

 今後、日蓮正宗の集会参加はきっぱりと拒否しましょう。
 集会参加は、一切衆生の幸せのためにあらゆる難を忍ばれ法を説かれた、大聖人様に対する背信行為になる事に気付かねばなりません

2008/2/27  7:06

投稿者:沖浦克治
 諸天の加護の件です
 
 日蓮正宗が集会を開くと日本全国で異常な天候が吹き荒れる。

 既に定着した事実です。

 邪教への諸天の怒りです。
 日蓮正宗が集会を開く時、当然法主以下は晴天を祈ります。
 ところが大荒れの天気に必ずなる。
 祈雨の勝負で良観が大聖人様に負けましたね。
 御書に明白です。

 『せんずるところは六月十八日より七月四日まで良観が雨のいのりして日蓮に支へられてふらしかねあせをながしなんだのみ下して雨ふらざりし上逆風ひまなくてありし事三度までつかひをつかわして一丈のほりをこへぬもの十丈二十丈のほりをこうべきか、いづみしきぶ(和泉式部)いろごのみの身にして八斎戒にせいせるうたをよみて雨をふらし、能因法師が破戒の身としてうたをよみて天雨を下らせしに、いかに二百五十戒の人人百千人あつまりて七日二七日せめさせ給うに雨の下らざる上に大風は吹き候ぞ、これをもつて存ぜさせ給へ各各の往生は叶うまじきぞとせめられて良観がなきし事人人につきて讒せし事一一に申せしかば、平左衛門尉等かたうどしかなへずしてつまりふしし事どもはしげければかかず。』
 (種種御振舞御書)

 日蓮正宗は創価学会員の祈りには絶対に勝てない。
 日蓮正宗では天候一つ左右出来ない。
 信徒が成仏できるわけがない。
 この御文に明確です。
 邪教の末路は惨めなものです。

 

2008/2/26  18:34

投稿者:如月
>はっきり言って、ヘンな文章である。詳細は省
くが、おそらく誰が読んでも違和感があるので
は、と思う。

独白とて大同小異。論の構成力がスカスカ。

>総合女子部長もそろそろ引退か?

カトちんは既に女性としての有難みというか、包
容力を放棄した朽ち果てた婆さんなので、引退も
なにも、実際上、壇上で黒いスーツ姿を見かけて
も盆栽と同じ効果しか持たない。

ほらよく、入社式・入学式等で壇上の机に盆栽飾
るでしょ。古く焼きの廻った五葉松とかで。

そんなねぇ、新聞や会長の動向っても、さして社
会に影響を与えるわけじゃないんだから、新聞の
管理栄養士さんの講座について独白でもしてれば
いいんですよ。

だって管理人氏の実力じゃ教学無理でしょう?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ