2008/10/24

用の仏とは何か?  
今日は久しぶりに更新するが、まだ白紙である。いつもぶっつけ本番なのだ。それでいよいよ投稿を開始しようと思った矢先に、れん氏からのコメントが入って、調子が狂ってしまった。

いつもながら難解である。ゆえに、ひじょうに申し訳ないけれども、本稿は氏のコメントに触れないで、話を進めさせていただくことにする。

そうそう、渡辺氏からもコメントが入っている。う〜ん、これは一本取られた、と申し上げておこう。わだっち氏がどうしているか、気になるところではあるが、そんなことをグダグダ書いていると、他人の心配をするよりも自分の心配をせよ、などと言われかねないので、これはこれでおしまい。

さて、本題である。今日は申すまでもなく、前田氏からのコメントを踏まえて書くことになる。
わたくしは守護国家論と上野殿母尼御前御返事に類文と思しき箇所があることを示した上で、けれども、そこには決定的な違いがある、と書いた。
ところが前田氏は、いささかも違いはない、と言うのだ。

煩瑣ではあるが、今一度、御文を紹介しておこう。

此の文を見るに法華経は釈迦牟尼仏なり。法華経を信ぜざる人の前には釈迦牟尼仏入滅を取り、此の経を信ずる者の前には滅後たりと雖も仏の在世なり。

仏も又かくの如く、多宝仏と申す仏は此の経にあひ給はざれば御入滅、此の経をよむ代には出現し給ふ。釈迦仏・十方の諸仏も亦復かくの如し。

守護国家論の続きの御文には、多宝仏のことが出てくるので、興味のある人は確認されるとよいだろう。つまり、説明の順番が違っているだけで、内容的にはいささかの矛盾もない、というのが前田氏の主張するところである。

けれども、わたくしはこの順序の違いこそが一大事だと思っている。

此の多宝仏も寿量品の教主釈尊の所従なり。

いわずと知れた法華取要抄である。わたくしはこの御文が頭にこびり付いて離れない。それゆえに、くだんの釈迦・多宝の順序が逆転している御文が気になって仕方がないのである。

上野殿母尼御前御返事には他にも注目すべき御文がたくさんある。以下、一例だけ紹介しておこう。

 抑此の法華経を開いて拝見仕り候へば「如来則ち、衣を以て覆ひたもふ為し。又、他方の現在の諸仏に護念せらるゝことを為ん」等云云。経文の心は・・・釈迦・多宝・十方の諸仏のてづからみづから来たり給ひて、昼夜十二時に守らせ給はん事のかたじけなさ申す計りなし。

ここでは釈迦・多宝が順番どおりになっているが、それはどうでもいいことだ。わたくしが注目したい点は、釈尊自らが法華経の行者を昼夜十二時に守っている、という部分である。

ここで思いっきり飛躍を承知しながら、諸法実相抄の一文を引用したい。

されば釈迦・多宝の二仏と云ふも用の仏なり。妙法蓮華経こそ本仏にて御坐し候へ。

真偽の問題があるので前田氏には通用しないかもしれないが、わたくしにとってはきわめて重要な御文である。

用の仏とは何か?

この際だから乱暴な表現を使ってしまおう。パシリである。
つまり、妙法蓮華経という本仏に相対する時には、釈迦も多宝もそれほどの差はないのだろう。さらに言えば、いわゆる諸天善神と同じ役割を担っているのだ。昼夜十二時に守らせ給はん・・・とは、まさしくそのことであろう。
このように考えれば、大聖人がその続きの御文において、釈尊と多宝の順序を逆にしたところで、さしたる問題はないわけである。

弘安四年の上野尼御前御返事に象徴的な御文がある。

 やすやすとあわせ給ふべき事候。釈迦仏を御使ひとして、りゃうぜん浄土へまいりあわせ給へ・・・

さすがに前述のパシリは語弊があるにしても、この御文のごとくならば、釈尊が使いの役目を担っていることは否定できないだろう。すると真偽の問題はさておき、この場合は諸法実相抄のごとく、妙法蓮華経が本仏ということになるはずである。

2008/10/27  10:33

投稿者:れん
前田さん

衆生には本有の三因(観心本尊抄)はありましても、やはり、本仏本化による下種、伝法の御僧侶との師弟相対不軽菩薩の跡を継承する法華本門の正法の修行による滅罪を経なければ成仏得道は無理ですから、衆生…花開くという、やや本覚チックな表現は大聖人の御法門からややズレているのではないかと存じます。
また、大聖人は、釈尊の影向ばかりでなく、本化の下種により釈尊の魂魄を含めた万法総在の五字を受持して、釈尊の魂魄が入る事が、衆生における開眼すなわち即身成仏であるとも示される訳です。ですから、前田さんのように釈尊を崇める御文ばかりを強調するだけでは片手落ちというものです。その意味合い意味合いでの先日の投稿における発言でした。

2008/10/26  19:07

投稿者:のび太
>れんさん、改めまして前田でございます。いつも素晴らしいコメント、ありがたい事だと感謝いたしております。今後ともよろしくお願いいたします。
もとより、私は日蓮聖人様は「偉いお坊様」でお釈迦様は「ご本仏」との立場であります。

う〜ん「偉いお坊様」ですか?

そうか、だから身延山久遠寺じゃ「蛇」を祀ったり

「狐」に合掌できるんですね。(笑)

横レス失礼しました。

2008/10/26  0:09

投稿者:前田
(つづき)
教学・信仰の基本に「依法不依人」とある。

作者が疑われる、真筆御書との整合性の無い、
いわゆる真蹟(曾存・写本を含む)以外の御書を引用する人は、
その問題点を把握でき、そして、それ相応の解説ができる人ならともかく、
我々が安易に用いるべきではなかろう。

大聖人様に成りすました者が書いた「書」にどれだけの価値があろうか。

「極理を師伝」するどころか、いつまでたっても闇の中であろう。

くれぐれも留意しなくてはなるまい。(佐久間氏談より)


2008/10/26  0:06

投稿者:前田
偽書について、他板よりの引用です。

日興遺誠置文には「当門流に於いては御書を心肝に染め極理を師伝して若し間(ひま)有らば台家を聞くべき事」とある。
この事はひとり、日興門流だけでなく全ての日蓮門下も同じ事と受け止めるべきでありましょう。

そんな中、先達が身を削って示して下さった「真蹟・真蹟扱い」御書は二百点を超えると言われ誠に有りがたい事だと感謝しております。

私も一日も早く「この御書は聖人の教相とは、ここが違いますね。」と聖人に成りすまして花押まで書かれた偽書を見破る眼力を身に付けたいものだと常々思います。

しかし、私たち「浅学」の徒はまだまだ「真蹟・真蹟扱い(写本・曾存も含む)」以外の御書を「教材として使用」するだけの力量がない。
教学に秀でた人達は一読して、「是の文章を書いた人の教学力はこの程度と、おのずとその「書」を書いた人の教学力の程度が解る」ようですね。

もちろん、相当の高僧が「良かれと思っての事なのかもしれませんが、聖人、六老僧に成りすませての偽書の存在もある」ようです。

明確に「真蹟」と判断できる、日蓮聖人の御真筆も実在するし、日興師真筆は「御遷化記録」などが国の重要文化財指定等の形で実在するわけでしょう。

ありがたいことです。
私達、日蓮宗などでは過去において、日蓮聖人のお手紙などを煮たり、焼いたりした者が居たと聞いたことがある。
もしもこれが「真実」であったならなんとも残念なことである。

「偽本尊を許すことはできない」と言う人はいる。

しかし、「偽書」についてはどうか?

「法門の極理を師伝する」とも言われる御書の真偽を問うことをしない行為は同じく許されるべきではない。

御書の真偽に対しては厳しい態度で接すべきである。

大聖人に成りすました者の書いた「教え」で「極理の師伝」が可能だとでも言うのであろうか?(つづく)

2008/10/25  23:22

投稿者:前田
(つづき)
(訳)
ただ四天王の一族のものが守ってくれるだけでも有難いことなのに、すべての四天王を始め、星宿や日月・帝釈・梵天等までが守護してくださるということは、まことに満足すべきことである。そのうえ、すべての二乗や菩薩、兜率の内院にいる弥勒菩薩、迦羅陀山の地蔵、補陀落山の観世音、清涼山の文殊師利菩薩等がそれぞれ随順する者をつれて、法華経の行者を守護してくださるということは、満足すべきことであるのに、さらにもったいないことには、釈迦・多宝を始め十方の諸仏が自ら来て昼夜を問わず守ってくださるとのことで、なんとも言いようがないほど有難いことである。


例えば
大王が我が子、太子を数多くの臣下に命じて守護をさせるようなものだとあります。

父がわが子の頭を撫で、衣で包んでくださるんです。まもるのです。


「みづから来り給ひて、昼夜十二時に守られ給はん事のかたじけなさ申すばかりなし。」

巌虎さんの言うとおり、当然、諸天、善神の守護は当然なのですが、わが子の事なので大王(釈迦牟尼仏世尊)自らお出ましになるのです。
パシリだけでなくボスのお出ましなのです。


「上野尼御前御返事」(学会版・1576頁)
やすやすとあわせ給ふべき事候ふ。釈迦仏を御使として、りやうぜん浄土へまいりあわせ給へ。

〔訳〕
苦労をしなくても、とても簡単にお会いになれる方法があるのです。釈迦仏をお頼りして、霊山浄土へ行ってお会いください。
(霊山又は霊山浄土とは釈迦牟尼仏の永遠の住み給える聖霊の御山であります。)(釈迦牟尼仏はここ(りやうぜん浄土)のボスなのですから。)

ここでもパシリでなくボス(ぬし)ではありませんか?。

2008/10/25  23:20

投稿者:前田
巌虎さん、前田です。
「上野殿母御前御返事」〔学会版・1570頁〕

そもそもこの法華経を開いて拝見仕(つかまつ)り候へば、〔「如来すなわち為に衣をもってこれを覆(おお)いたまう、また他方の現在の諸仏の護念(ごねん)するところとならん」〕等云云。経文の心は東西南北八方、並に三千大千世界の外、四百万億那由佗(なゆた)の国土に十方の諸仏ぞく球究と充満せさせ給ふ。天には星のごとく、地には稲麻(とうま)のやうに並居(なみい)させ給ひ、法華経の行者を守護せさせ給ふ事、譬(たとえ)ば大王の太子を諸の臣下(しんか)の守護するがごとし。

(訳)
さて、この法華経を開いて拝見してみると、法師品の中に、「如来はこの経を信ずる人々を衣で覆い、数多くの仏によって守護してもらえるであろう」とある。この経文の意味は、東西南北の四方八方、ならびに三千大千世界の外、四百万億那由佗の国土に、十方の諸仏がぞくぞくとみち羽れ、天の星のように、また地上の稲や麻のようにたくさん集まってこられて、法華経の行者を守護してくださる。例えば大王が太子を数多くの臣下に命じて守護をさせるようなものである。

(御書)
ただ四天王一類のまほり給はん事のかたじけなく候に、一切の四天王・一切の星宿(せいしゆく)・一切の日月・帝釈(たいしやく)・梵天等の守護せさせ給ふに足るべき事なり。その上、一切の二乗・一切の菩薩・兜率内院(とそつないいん)の弥勒(みろく)菩薩・迦羅陀(からだ)山の地蔵(じぞう)・補陀落(ふだらく)山の観世音(かんぜおん)・清涼(せいりよう)山の文珠師利(もんじゆしり)菩薩等、各々眷属(けんぞく)を具足(ぐそく)して、法華経の行者を守護せさせ給ふに足るべき事に候に、またかたじけなくも、釈迦・多宝・十方の諸仏のてづからみづから来り給ひて、昼夜十二時に守られ給はん事のかたじけなさ申すばかりなし。(つづく)

2008/10/25  18:14

投稿者:れん
前田様、レス有難うございます。
宗祖ご自身の位置付けは頼基陳状に「御経に説かれてましますが如くば、久成如来の御使い上行菩薩の垂迹・法華本門の行者・五五百歳の大導師」と示されています。宗祖はまた「日蓮末法に出ずば仏は大妄語の人、多宝・十方の諸仏は大妄語の証明なり。仏滅後二千二百二十余年が間、一閻浮提の内に仏の御言を助たる人但日蓮一人なり」との自負を述べられています。法華経が如何に尊くとも、宗祖が末法に出て法華本門の正法を建立されなければ、泡沫に均しかったという事です。他門の思考に倣って考えても、宗祖の一生を賭けられて法華本門の正法を建てられた功績と御恩は、我々末法の衆生の為には、久遠の過去に法華経を説かれた久成如来に等しいと拝する故に、飛躍と言えばそれ迄ですが、その内証も御本仏と拝するものです。またそれを現代まで伝えて下さっておられる御当代まで御僧宝と拝するのも当然です。

>釈尊等が影現して教導守護してくれるとの趣旨の文を正当に解釈…

前後の文脈からそれが正しい解釈であれば、それはそのように理解されればよいと存じます。

2008/10/25  11:45

投稿者:前田
れんさん、改めまして前田でございます。いつも素晴らしいコメント、ありがたい事だと感謝いたしております。今後ともよろしくお願いいたします。
もとより、私は日蓮聖人様は「偉いお坊様」でお釈迦様は「ご本仏」との立場であります。


>「蓮祖の法門は、久遠本因下種”が中心であるから、一部分の一文や解釈にこだわるべきではない」

とのことですが、釈尊等が影現して教導守護してくれるとの趣旨の文を正当に解釈することが無駄なことになるのかな?。とか思ってしまいます。

「仏の入滅は既に二千余年を経たり然りと雖も法華経を信ずる者の許に仏の音声を留めて時時・刻刻・念念に我死せざる由を聞かしむ」(守護国家論・学会版55)

等の文についても、
れん氏は「妙法受持の功力で、仏法妙(無始久遠顕本の釈尊)を具足する文意と解釈すべきである」とお考えなのでしょうか?

法華経には、久遠釈尊が入滅して無くなってしまったのでは無く常住不滅の仏で有ることを説いてあると、解釈すべきであろうと考えております。。

「受持のとき具足する仏法妙(無始久遠顕本の釈尊)」
と有りますが、妙法受持によって初めて具足するのではなく、本来から具足している無始の古仏が、妙法信唱受持によって顕現するのではありませんか。

また、大石寺系(日寛系)の 「久遠本因下種」の概念は、日蓮本仏論主張を導くものであるし、つとに批判されているものと認識いたしております。

日蓮聖人は下種結縁を主としましたが、日蓮聖人の下種思想と大石寺系(日寛系)の下種思想とは大きな違いがあると私も考えております。ありがとうございました。

2008/10/25  10:07

投稿者:沖浦克治
御書は末法の経典です。
 でも、解釈が多くあります。
 本当に読まれたお方は、戸田先生お一人です。
 創価の教学はその流れをくみます。
 現時点で最も正しい解釈です。
 でも、いえないこともたくさんあります。
 たとえば、創価学会が戒壇様を完全否定すれば、敵陣に走る創価学会員が何十万人と出るでしょう。

 ですが、御書を読めば戒壇様は嘘だとわかります。
 誰でもわかりますよ、先入感さえなければ。

 経王御前へのお手紙で、大聖人様は経王殿へのご本尊様を、魂で、全魂こめて顕した。と、明確に仰せです。
 でもね、戒壇様御図顕とされる日の、七年前なんです。
 戒壇様が特別ならありえません、このお手紙は。
 既に発迹顕本された後です。
 御本仏のお立場なんですよ。
 それ以上は無いのです。

 聖人御難事は10月1日、戒壇様は12日、出世の本懐じゃありえません。
 日道師の、三師御伝土代にも、熱原法難機縁のご本尊様を蓮祖と興師が共同でしたためられたことが書かれています。
 斬首は15日、蓮祖が報告を受けれたのは17日か18日でしょう。
 興師が身延にこられるのは早くて11月だと思います。

 無理なんですね、戒壇様本懐は。
 このようにまじめに考察するならわかります。

 それと、センスです、感覚ですね。
 つかみとも言います。
 御書の拝読で最も大切な要素です。
 これは、同苦の祈りの無い人には手に入りません。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ