2009/11/14

己れの過ちを認める度量があるか?  
ニシケン氏の言うナンセンスはまったくそのとおりだと思う。わたくしは従来、今回のような無意味な応酬は、なるべく回避するように心掛けてきた。しかし、これまでの山門手前氏の投稿姿勢であるとか、その内容には常に疑問を感じていた。そして以前はそれをヤンワリとした形で、ようは注意を喚起していたのであるが、どうも一向に改まる様子がないので、今回は徹底追及の方針に転じたわけである。

顕正会を批判するサイトは多数ある。

それらは、全て「善意」なのである。


すべてが善意であるというのは、さすがに言い過ぎではないのか?

調査不足です。学会側は、証拠を入手しています。

山門手前氏は、なぜ学会側が証拠を入手していることを知っているのか?

以上、二点に要約した。これは前々回から前回に掛けての拙稿を最大限、要約したものである。
あるいはわたくしのこうした手法をイヤらしいと感じる人もいるかもしれないので、少しだけ説明しておこう。もちろん、これは山門手前氏の失策を責めているわけであって、ようは弱点を突いているようなものであるが、しかし、これはわたくしの一貫した主張でもあるのだ。
つまり、すべてが善意であるという山門手前氏の主張はたった一つでも悪意のサイトが存在すれば崩れる。それがフェイクなのだ。ところが氏はそれを認めたくないからなのか、上掲のごとく、フェイクが証拠を入手しているなどと書いてしまった。ゆえに、一法華講員のアナタがどうしてそんなことを知っているのか、と追求しているわけである。

あまり長々と書くと論点がボケてしまうので、今日はこれくらいで終わりにしよう。

2009/11/20  3:30

投稿者:トチロ〜
卯月さんへ

その通りですね。

私はたとえブログと雖も、作者がある意図をもって作り上げる作品だと思っております。その意図をストレートに受け止められるか、それとも上っ面をすべって終わりになってしまうかは、読み手側の境涯によるのでしょうね。

厳虎さんの作品がいつ完結するのかは分かりませんが、一読者として最後まで楽しみにしていたいと思っております。

2009/11/19  20:06

投稿者:卯月
トチロ〜さん

まあしかし、ここはやはり謎としておいたほうが、観覧する側としても、管理人さんのブログに何か掻き立てられるものがあって、いいかもしれませんね。そう言えば、たしか誰かのコメントで管理人さんのことを「貴女」などと言っていた方もいたような記憶がありますから、ここはやはり観覧者の夢をこわさないためにも、管理人さんが自ら公表するまでは「謎」としておいたほうがいいかもしれませんね。では。

2009/11/18  9:08

投稿者:トチロ〜
卯月さんへ

>あれ?ちょっと覚えていないのですが、私の勘違いでしたかな???

いえいえ、そのような日記はあったと思います。ただ私は疑り深いイヤラシイ性格をしておりますので、素直に受け止めていないだけなんです。(^^;)

2009/11/15  13:09

投稿者:山門手前
沖浦さんへ

そうなんですよ。余計なお世話が「大好き」なんです。

>厳虎さんが顕正会が良いと思うからやめられない。
>で、文句言う必要ないですよ。

別に文句を言っているのではなく、愚痴は止めといたほうが良いという事と、ご縁があればお会いしたいと言ってます。もちろん、余計なおせっかいで法華講に入信させる事「だけ」が目的ですし、それ以外には何もありませんよ。

>私はね、ワダッチさんが法華講をやめられる時お止めしました。
>簡単に一時の感情で他所に行っても、ろくな事ないですからね。

その節はありがとうございました。無事宗門に復帰致しております。他所へ行く事は毛頭考えてはおりませんでしたし、諸問題も概ね無事解決いたしましたので、仲間と共に修行に励ませていただいております。

>結局その方は法華講に残られました。
>人を裏切って宗教変えて、そんな人駄目でと思います。

沖浦さん、私は顕正会を宗教団体だと思っていませんよ。理由は、今まで述べていますように「パクリ教義」の浅井さんの「事業」だからです。ですので宗門に変わりましょうとお勧めしているんです。

多分、厳虎さんが宗門に帰依されるまで延々と同じ事を言うでしょう。


http://maglog.jp/renmen/

2009/11/15  7:08

投稿者:沖浦克治
 皆さんは大きなお世話がお好きですね〜〜
 
 厳虎さんが顕正会が良いと思うからやめられない。
 で、文句言う必要ないですよ。
 私はね、ワダッチさんが法華講をやめられる時お止めしました。
 簡単に一時の感情で他所に行っても、ろくな事ないですからね。
 先日、ある法華講員の方が私と会いたいと言われてお会い致しました。
 相当宗門に疑いをお持ちです。
 で、申し上げました。

 貴方が宗門を辞めて創価学会に来たい。
 それは嬉しいですね。
 でも、貴方が創価学会を辞めて宗門に行ったとき、お世話をしてくださった法華講の方がおられるでしょう。
 その方の許可をキチンと取ってからになさい。

 結局その方は法華講に残られました。
 人を裏切って宗教変えて、そんな人駄目でと思います。
 私はね、一度決めた学会の道です。
 世界中でたった一人になっても、創価学会員であり続けます。
 厳虎さんも同じですよ。
 そこが理解できない方が、あれこれ言っても、所詮井戸端会議でしょう。

2009/11/15  3:35

投稿者:山門手前
卯月さん

ご無沙汰してます。男か女かは別にして・・・

>意外にお二人さんは実際に知り合いになったら、結構いい友人どうしになれるかもしれませね。

多分、そうだと思いますよ。私が厳虎さんに言いたいのは「独白」という「愚痴」だと認められているのですが、「愚痴」というのは何の良い結果も生みません。むしろ「愚痴」は全てを焼き尽くす。という位、本来は避けなければいけないことです。フラストレーションが溜まるだけですし、何のよい事もありません。

「愚痴」を言う位なら、自ら行動するべきです。
そのきっかけには、丁度良いのではないでしょうか?

いつまでも「パクリ教義」にしがみついていても仕方
ありません。ご自分で自覚されているように法華講寄りの考えをお持ちなのですから、宗門に帰依すべきです。
教義以外の見えてなかった事も見えてくるでしょうしその時に振り返ってみれば、今まで理解できなかった事も理解できるでしょう。

生意気なようですが、ご容赦願います。

http://maglog.jp/renmen/

2009/11/15  2:00

投稿者:卯月
トチロ〜さん

ところで「厳虎さんが女性か男性か」ですが、私も前々から気になっていたことですが、でもたしか以前に管理人さんがブログで、自分にも男子部大会の誘いがあったと言っていたような気がしたので、やっぱり管理人さんはオトコだったのかと思ったのですが、あれ?ちょっと覚えていないのですが、私の勘違いでしたかな???

まあ、それはさておき、管理人さんと山門手前さんのやり取りを見ていて思ったのは、やはり我々は皆凡夫なのだなとつくづく思ったことです。あらゆる事情や立場、経験などが影響してきますから、当然ながら、このような意見の食い違いは、だれしも経験があるでしょう。あまり言うとまた話しがこじれそうなので、これ以上は控えますが、まあしかし、意外にお二人さんは実際に知り合いになったら、結構いい友人どうしになれるかもしれませね。

2009/11/14  23:03

投稿者:山門手前
トチローさんへ

失礼致しました。ほな、わて一人でも結構ですよ〜!

厳虎さんへ

顕正会の教義がパクリでなく顕正会の解釈が
正しいとか思われているのでしたら、堂々と
私と会えるはずですが、如何でしょうか?
100%ではないが部分的には正しい事が
あるというのが厳虎さんの主張だったと思い
ます。

教義上の事をコメントしないのは所詮パクリ
ですし、分派した物でもないのは明らかだから
です。それが、他の方のコメントの付け方と
私のコメントの付け方の違いです。

顕正会の教義をひっくり返したところで、
宗門のパクリを自分たちの都合のいいように
変更しているだけで、宗教法人だなどと
言う事事態が厚かましいと思います。

では、ご連絡をお待ちしています。

http://maglog.jp/renmen/

2009/11/14  22:10

投稿者:トチロ〜
山門手前さん、勝手に約束されては困ります。(^_^;)

私はいま繁忙期で忙しいのです。

他の方々から批判を頂くかもしれませんが、私にとってはここ数日のお二人の論争には興味が無いのです。
私が興味を持っているのは、“巌虎さんが男性なのか女性なのか”という永遠のテーマなのであります。

それをハッキリさせる為にお会い出来るならば、これほど嬉しいことはございませんが、この未曾有の不況のおりに仕事を投げ出してまで優先させることでも無いでしょう。

御縁があれば、お会いすることもあるでしょうし、全ては仏様にお任せしておけばよろしいかと思いますよ。

2009/11/14  14:26

投稿者:山門手前
厳虎さんへ

徹底して追及されたいなら、是非ともお会いして
お話しましょう。その時は、トチローさんも同席
になりますが、そろそろ、「かんねん」されては
如何でしょうか?

それとも私たちと会う勇気もないのでしょうか?

ご希望の日時があれば、メールして下さい。
場所は、都内でも総本山でも結構ですよ〜!

ご連絡お待ちしています〜!

http://maglog.jp/renmen/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ