2009/12/16

豪腕と倣岸  
水無月氏のおっしゃることは一理も二理もある。

まず、小沢氏関連で言えば、ずいぶんと古い話になるけれども、氏は細川政権の立て役者だった。当時としては、いわゆる非自民政権の樹立ということで、ひじょうに画期的だった。ところがこの政権は次の羽田内閣であっけなく終わることになる。自民党が巻き返したのだ。
この理由はもちろん当時の自民党にはツワモノがたくさんいて、政権奪回のためにいろいろ画策したからだろう。いわゆる自社さ政権であるが、これは今考えても不思議な取り合わせである。
もう一つ、重要な点がある。それは小沢氏の豪腕ぶりがアダになったということだ。氏の政治手法に愛想を尽かして、離れた人がいったい何人いるか、これは決して誇張ではなく、それこそ無数にいるのである。もともと非自民政権は寄せ集めであるから、まとめるのが難しい。そこに来て、小沢手法への不信が募れば、なおさらのことである。いわば自民党はその機に乗じて巻き返したわけだ。
しかし、この話は過去の非自民政権の時のことであり、はたして今の自民党にそれだけの余力があるかどうか、それはわからない。

いずれにしても今回の一件で、小沢氏のイメージが悪くなったのは間違いないことだろう。今は国民的人気度がひじょうに大きな力を持っているわけだが、それ以上に深刻なのは仲間内から疎まれてしまうことである。小沢氏はそれでさんざん失敗してきた。そして、またしても同じ轍を踏もうとしている。これが宿命なのかもしれない。

小沢手法に引き続き、浅井手法について書いてみよう。

水無月氏の指摘するごとく、やはり出典・引用を明記しないという手法はマズイことだ。たとえば今回の件で説明すると、十一月十一日に中国オペラの特別公演があって、そこに皇太子殿下が出席されたという話がある。これについて顕正新聞には次のごとく書かれている。

当日は招待客だけのクローズド公演だから、誰も気づかなかった。新聞も報道管制が布かれていた。

誰も気づかなかった・・・

凄い表現である。だったら、なぜ浅井先生は知っているのか、どこから情報を入手したのか、それが顕正新聞の記事からは読み取れない。
こうした手法はまさに、浅井先生は凄い人なのだ、と会員に思い込ませるネライがあるのではないかと勘ぐりたくなるところだ。
実際、幹部会員たちの文章を読むと、浅井先生を偉大な師匠だと心底思い込んでいることが伝わってくるわけだが、もしこれが上述のような手法に由来するのであれば、問題である。即刻やめたほうがいい。なぜならば、バレたら元も子もないからである。

『迷走する顕正会を斬る』から引用しよう。

正本堂問題の過程で、創価学会員と論議をする機会を得たが、情報遮断されていたから妙信講の教学が普通だと思っていたわたしは、相手側のあまりの素養のなさに驚いた。

二百六十ページの記述であるが、情報遮断されていたと言い切っている。浅井手法は今に始まったことではないらしい。前後するけれども、これについては同書百八十ページの記述が詳しい。

 浅井氏は常に情報統制をして、都合の悪い情報は講員・会員に伝えない。
(中略) 
 講員の信心を護るため、当時として緊急避難的に止むを得ない面も、確かにあったかもしれない。しかし、その情報統制の都合よさが身についてしまい、「依らしむべし、知らしむべからず」の大本営発表が、浅井氏の講員統制の手法となってしまった。

もはや、わたくしが余計なことを言う必要はないだろう。さらに、この数行後の文章を紹介しておこう。トドメの一撃である。

 「知らしむべからず」が進行して行くと、やがて思考力や判断力のある幹部の存在が鬱陶しく邪魔になって行く。意見や批判を封じ込め、何でも俺の言うことを聞いてさえいればよしとする運営方法は、思考停止した幹部しか組織に残さない。

今日の拙稿は図らずも、小沢手法と浅井手法のコラボとなった。

2009/12/16  16:19

投稿者:ニシケン

巌虎さん、こんにちは。

手法とは「戦術」という捉え方もできます。
「知らしむべからず」という「戦術」は一般社会でも良くある事です。
ある日、出勤すれば突然「倒産」の張り紙があったとか…
これなどは社員に動揺を与えない事と、なんとか最悪の事態を招かないように裏で賢明に建て直しを図っていくという理由があると思います。
しかし、社員にとってはたまったもんじゃない。
政治の世界でも国民に知らされていない裏取引なんかも良くある事です。
べつに浅井さんを擁護するつもりはありませんが…
問題は「情報操作」だと思います。
しかも、個人(浅井)の都合のいいように情報を操作改竄するなどは以ての外です。
浅井さんはこれをやってしまったから崩壊へと向かっているのです。
バレタ時のシッペがえしは大きいですよ。

2009/12/16  15:05

投稿者:水無月
浅井会長は「権威」のある人や機関の論や著作を織り交ぜるときにはちゃんと「誰々はこう述べている」とか出典を言いますね。地震学の松村教授とか中国学の平松教授とか米国家機関の報告書とか。
逆に雑誌ネタや民間ネタはあたかも自分だけが知りえたかのように話しますが、数年前、勝手に某天文台の地震予知データを使ってクレームつけられましたね。今回の文春の記事パクリも文春記事と会長講演の中身の重複や表現の類似の度合いによっては、文春の発売日のほうが先ですから、万一著作権で訴えられたら出典を明記せずにしゃべった浅井会長のほうが分が悪いですね。
ネットにアップされた顕正会関係の映像に対して「著作権侵害」でバシバシ削除要請を出す「宗教法人 顕正会」(事実、実際にこの依頼者名で削除依頼が行われている)のトップが、自身は他者の著作権を考慮しないのではいけないでしょう。
「権威」を自分の威光の後ろ盾、自説の裏打ちに利用するがごとき振る舞いだなと、感じます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ