2010/2/2

情緒的  
昨日の話の続きをしよう。

幼い子供が太平洋の真中に放り出されたようだった・・・

これは十二月度総幹部会の会長講演であるが、活字化する段階で削除してしまった部分である。これをどういうわけか婦人部の幹部たちが盛んに引用している。その理由は、もしかしたら男女間の感覚の違いなのかもしれない。

もちろん女性のほうが情緒的であり、上掲のようなシチュエーションには大いに感ずるものがあるのだろう。

そうそう、うっかり説明を忘れたが、これは解散処分の時の心境を回想したものである。
すると先生ないし首脳部たちは、過去の発言との不整合を気にしたのだろう。つまり、負け嫌いの浅井先生は一貫して強気の発言を繰り返してきたものだから、上掲のような心境の吐露はそれとは正反対の印象を与えかねない。すると浅井発言を厳しくチェックしている連中からツッコミが入ることになる。矛盾しているではないかと。
おそらくはそれを気にしたのだろう。

だが、わたくしはむしろ先生の正直な一面が垣間見えて好感が持てるのではないかと思う。大聖人を例に取るのは恐れ多いことだが、御書を拝しているとトータルでは強気の言葉がたくさん出てくるけれども、委細に尋ねるならば弱気とも思える言葉がけっこうあるのだ。大聖人の仏法の魅力は案外にそうした情緒的な部分にこそあるのだと思う。ひるがえって浅井先生はまだ未熟なのだろう。わざわざ矛盾を糊塗することなく、ありのままの姿を示してこそ本物である。

勤皇の志士の燃えるような情熱で明治維新は成ったのよ

いよいよ明治維新など比ではない王仏冥合の新しい日本!
人類史上未だ曽てない仏国日本の建設よ!

「二陣・三陣つづきて天台・伝教にも越えよかし!」

勤皇の志士の百千万億倍の大情熱で爆発よ!


これは顕正新聞第1159号掲載分のポウコちゃんである。

このネタは鹿児島会館での会長講演が元になっているわけだが、一コマ目の背景には噴煙を上げる山が描かれている。当然ながら桜島を意味するのだろう。ここからはわたくしのつまらぬアゲアシ取りであるが、四コマ目にも桜島を背景に入れて、しかも大噴火しているように描けば面白かった。ただし、それは一般的に怒りを表現する描写である。おそらく探せばそこらじゅうの漫画から拾い出すことができるだろう。何が言いたいかというと、顕正会は爆発が好きであり、やたらとそのフレーズが出てくる。ようは爆発的な弘通を夢見ていて、そうした願望が常にあるわけだろう。そのこと自体は悪いことではないけれども、しかし、爆発という表現が一般的にはどのように受け取られるか、そこまで考えておく必要があると思う。そうしないと、ますます世間から遊離してしまうのではないかという心配があるのだ。

 83歳、功徳の歓喜で55人を折伏

これはいい記事だと思った。この五十五人は入信者の数ではない。ようは順逆を含めての数である。成果主義を戒める意味できわめて有効だ。

2010/2/3  14:39

投稿者:ユタ
>現役隊長様へ。

 隊長クラスでもそう思うのですから、万年ヒラであった私など特につまらないものであったかです。ビデオ放映が終わる度に班長から感想を求められても、正直いい答えを返せないんですよね。まあ、ビデオ放映そのものはつまらなくてもいいでしょう。その後で法戦終了の打ち上げだとか、各組織で何かこう盛り上がるようなイベントでもあればいいのですがね。それすら無くて、ハイ、次の法戦では疲弊してしまいますよ。昔、毎年行われていた合宿。あれが無くなったのがイタイと思います。

http://blog.goo.ne.jp/kamiochiai

2010/2/3  2:47

投稿者:現役隊長
最近、幹部の登壇がつまらなくて仕方ないって感じるのは、わたしだけなのかな。悪意に見てるつもりはないのに、なんでこうもツマラナいのだろう。
極端な話し、登壇の第一声から、次にどんな言葉が飛びだすか、次はなんの話題に展開するか、ほとんど前もって読めてしまう。
世間にいろんな組織、集団があるけど、これほど個性がないとゆうか、いや個性を出すことが許されない集団って何なんだろか。
わたしの知る限りでも、ひと昔まえの顕正会は、こんな極端じゃなかったんだよな。幹部の登壇となるとそれぞれ一味も二味も違って、人柄と魅力に溢れてた。

個人的に『大衝撃』だの『大感動』だの『空前』だの『過去最高』だの、そんな言葉はいらないんだよね。しょっちゅう使われれば誰だってナレてくるものだし、要は何がどうしてどうなった、何をどう感じたかかが大切で、それを聞いた聴衆が各自の感受性で受け止めればいいんだよな。言葉の押し付けは息がつまる。

アクセスがずば抜けて凄い他のブログには、新潟の某A澤女子部長の携帯メールの内容が逐一公開されてるけど、正直、辟易。
部長がこのレベルだと、顕正会の先はどうなるのか。
女子部長だけでなく、男子部長も大差ないハッパのかけかただし、理事長の話しもツマラナいし…かなりヤバいかも。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ